F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダ分析:雷雨予報により走行プログラムを変更。フェルスタッペンとアルボンの手応えは分かれる

2020年7月11日

 史上初となる、同じサーキットであるレッドブルリンクで2週連続でのF1となった第2戦シュタイアーマルクGP。しかし、初日のフリー走行は1週間前とはまったく異なる一日となった。


 その理由は、レッドブルリンクがあるシュピールベルクの天気だ。土曜日は一日中、雷雨を伴う悪天が予想されているからだ。そのため、レースディレクターは各チームに対して、土曜日の予選がヘビーウェットでF1マシンの走行が不可能と判断されれば、金曜日のフリー走行2回目の順位が、決勝グリッドに反映されるということもあるという通達を送っていた。


 通常、土曜日に予選が行われなければ、昨年の日本GPのように日曜日の午前中に予選を行うのだが、ヨーロッパラウンドの一戦であるシュタイアーマルクGPにはFIA-F2やFIA-F3などのサポートレースも組み込まれているため、日曜日のスケジュール変更が簡単ではない。そのため、土曜日のセッションがすべて中止となった場合の日程変更は現時点では決定はしていないが、フリー走行2回目の結果がそのままグリッド順に反映される可能性が十分ある。レースディレクターの通達には、そのような意味が見え隠れする。


 そのため、初日のフリー走行2回目は、開始から忙しいセッションとなった。通常、金曜日の2回目のフリー走行は最初にミディアムタイヤを履いて、1回目のフリー走行から変更したセットアップの確認を行い、それが問題なければピットインして燃料を軽くし、ソフトタイヤに履き替えてタイムアタックを行う。


 その後、燃料を搭載し直してレースでそのソフトタイヤが何周持つのかのデータ取りを行うためのロングランを行い、最後にミディアムタイヤでのロングランを行って、2種類のタイヤのデグラデーション(劣化)を比較して、予選とレースの戦略を立てる。


 ところが、土曜日がほぼ雨という予報のため、プログラムが少し変更された。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 まずマックス・フェルスタッペンは最初にミディアムタイヤで1周+6周を走行してセットアップを確認。その後、新品のソフトタイヤを2セット立て続けに投入してタイムアタックを行った。1セット目でのベストタイムは1分3秒991だったが、これはトラックリミット違反(コースはみ出し)となり、タイムが抹消された。


 2セット目でのタイヤでのアタックは、確実にタイムを残すためにトラックリミット違反を絶対に犯すことなく無難に走行。本人も「セクター3はもう少し行けた」と語っていた。それでも、フェルスタッペンは1分3秒660のトップタイムをマークした。


「日曜日に予選が行われるかもしれないから、これがポールポジションだとはまだ思っていない」と戒めながらも、マシンのフィーリングに関しては、「僕らはすでにレースペースの方がコンペティティブだけど、これで1ラップでも文句は言えないね」と、先週苦しんだセットアップに関しては満足していたようだ。


 一方、アレクサンダー・アルボンのほうはフリー走行2回目の最初に履いたタイヤがミディアムではなく、ハードだったため、ソフトを履いたときのバランス変化が大きかったのか、ソフトタイヤでのタイムアタックで攻めきれず、7番手に終わった。


 こちらは「先週とは違うものをいくつか試してみた。いくつかはうまくいき、いくつかはうまくいかなかった」(アルボン)と、まだトライ・アンド・エラーを続けている段階。RB16のポテンシャルを引き出すためには、土曜日の雨は恵みとはならにないかもしれない。

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

7/31(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号