F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ田辺TD「PUサイドには大きな問題なくスムーズな初日」予選に向けさらなる戦闘力向上を図る:F1オーストリアGP

2020年7月4日

 2020年F1オーストリアGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=3番手/2=8番手、アレクサンダー・アルボンはフリー走行1=7番手/2=13番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=19番手/2=12番手、ピエール・ガスリーはフリー走行1=16番手/2=17番手だった。


 レッドブル・ホンダ、アルファタウリ・ホンダともに、日曜の決勝に向けた準備に注力し、システムチェックや新パーツのテストなどを行った。


 FP1ではフェルスタッペンが1分05秒418、アルボンは約0.3秒差の1分05秒701をマーク。ガスリーは10番手から約0.5秒差の1分06秒404、クビアトは1分06秒943だった。


 FP2ではフェルスタッペンは、トップから0.911秒差の1分05秒215、アルボンは1分05秒453。フェルスタッペンは燃料を多く積んでの走行中にコースオフ、また、プッシュラップでフロントウイングにダメージを負い、交換を行った。アルボンもターン1でスピンを喫する場面があった。


 クビアトはアルボンより0.01秒速い1分05秒443をマーク、ガスリーの自己ベストタイムは1分06秒016だった。クビアトはターン1でスピンをしている。

2020年F1第1戦オーストリアGP金曜 ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第1戦オーストリアGP金曜 ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

 ホンダは「明日の予選は、いよいよ今季初の真剣勝負の場となります。初日で収集した大量のデータを解析し、さらなる戦闘力向上へ取り組んでいきます」とコメントしている。


■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 いよいよ待ちわびていたオーストリアGPが始まりました。ライバルのマシンとともに我々のマシンがサーキットを走る姿を見られることを素直にうれしく思っています。


 今回レースを開催するにあたってパドック内の行動には多くの制約があります。2チームに分かれる我々のメンバーが直接コンタクトできないなどやや不便な部分もありますが、普段と変わらずマシンを少しでも速く走らせるために作業を進めています。


 また、サーキットには今までとは大きく異なる光景が広がっています。グランドスタンドをはじめ、全くファンの皆さんの姿がないのはとても寂しく感じます。


 今日のセッションはPUサイドとしては4台ともに大きな問題なくスムーズな一日でした。さらにセットアップを煮詰め、明日以降の予選と決勝に臨みたいと思います。



(autosport web)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号