F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1のサインツJr.起用に対し「私だったらジョビナッツィに機会を与えた」と元チームオーナー

2020年6月5日

 ミナルディ・チームの創設者であるジャンカルロ・ミナルディは、フェラーリは2021年に向けてカルロス・サインツJr.(マクラーレン)ではなくアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)を選んで、イタリア人ドライバーに特権を与えるべきだったと述べている。


 2020年シーズン限りでセバスチャン・ベッテルがフェラーリを離脱することが決まり、その後任としてサインツJr.が新たに加わることが決まった。ジョビナッツィはフェラーリの候補ではあったが、チーム代表のマッティア・ビノットは、彼はフェラーリのドライバーという地位に付随する責任を担う準備ができていないと考えた。


 しかしミナルディは、ジョビナッツィはチームにとって良い選択肢であり、イタリアが苦しみの時期にあるなか、国の精神性を強化するチャンスになっただろうと主張している。


「私だったらジョビナッツィにチャンスを与えただろう」と72歳のミナルディはイタリアの『Radiobox』に語った。


「そうすることで、この歴史的な時期にイタリア的な考えを守ることにもなっただろう」


 一方ミナルディはサインツJr.の大ファンであることを認め、過去にはフェラーリに彼を推薦したという。


「私は常にカルロス・サインツJr.を信じていたということも言わなければならないだろう」


「7年から9年ほど前、まだ彼がF1に昇格しておらず、ワールドシリーズ・バイ・ルノーでレースをしていたときのことだ。私は彼をフェラーリ・ドライバー・アカデミーに推薦した。なぜなら彼のことをとても気に入ったからだ」


「キミ・ライコネンがフェラーリを離れた時も、再度カルロス・サインツJr.を選択肢として示した。なぜなら彼は速いドライバーでレースを完走するし、多くのポイントをもたらす。それに彼は際立った人物だ」


 興味深いことにミナルディは、サインツJr.と、イタリア人ドライバーでフェラーリで勝利を飾った故ミケーレ・アルボレートの間に共通する特徴を見出している。


「1980年代に、私は(フェラーリに)彼に似たドライバーを紹介した。それはミケーレ・アルボレートだ。私は彼の性格と彼自身の売り込み方を鑑みれば、跳ね馬のドライバーになる要件をすべて満たしていると彼らに話した」


「独自の存在になるのは簡単ではない。だから私はジョビナッツィとサインツJr.のどちらかを選ぶことについて詳しい話はしないし、私はその選択を最終的に認めるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP