F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

政府の隔離措置でイギリスGP開催が困難に。F1は免除を求め交渉を継続

2020年5月23日

 イギリスが入国者に対して14日間の自己隔離を義務づけるうえで、免除の対象となるリストを発表したが、そこにF1関係者は含まれていなかった。それによりイギリスGPの開催について懸念がさらに高まっている。


 5月22日、イギリス政府は、新型コロナウイルス感染症の流行を抑えるための対策として、6月8日から入国者に14日間の自己隔離を義務付けるプランを発表した。一部は隔離免除とするものの、最初に発表されたリストには、F1を含むスポーツ関係者は含まれていなかったという。


 F1のスポークスパーソンは以前、「14日間の隔離措置が導入されれば、今年イギリスGPを開催することは不可能になる」として懸念を示していた。

2019年F1イギリスGPでのルクレール
2019年F1イギリスGPでのルクレール

 F1は前半10戦を延期あるいは中止とし、現在新カレンダーの作成にあたっている。7月5日と12日のオーストリアでシーズンをスタートし、その後、シルバーストンでのイギリスGPを7月26日と8月2日に開催し、序盤は無観客で実施するプランだが、イギリスへの入国者に14日間の自己隔離が義務付けられると、この流れでシーズンを進めていくことは難しくなる。


 そのため、F1は政府側と交渉を行ってきたものの、現時点で、特別措置の適用が認められていないことが明らかになった。ただし政府は主要スポーツに関する対応について、今後も検討を続けている見通しであり、F1は希望を捨てていない。


「F1およびシルバーストンとこの方針の関係について、政府と緊密に取り組んでいます。安全を最優先としながら解決法を見いだすため、今も協議を進めています」とF1のスポークスパーソンはコメントしている。


 F1は、オーストリアで関係者全員に2日に一度、COVID-19の検査を行い、F1関係者のみのチャーター機で移動するプランを立てている。


 シルバーストンのマネージングディレクター、スチュアート・プリングルは、政府はF1の重要性を理解しており、開催を可能にするようサポートするはずであるとの考えを示した。
「この業界の重要性を政府は理解していることは明白だ。彼らは解決法を見つけるだろう。私は今もそう前向きに考えている」とプリングルは『Sky Sports』に対してコメントした。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

8/14(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
8/15(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/16(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号