F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

細部にこだわりの詰まったレーシングポイントRP20。メルセデスとは似て非なるマシンに/全チーム戦力分析(7)

2020年3月9日

 スペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで行われた2回のテストを終えて、各チームの新型マシンに様々な特徴が見えてきた。今回は2020年F1開幕戦オーストラリアGPに向け各チームの実力を数値化して分析。連載第7回はBWTレーシングポイント・フォーミュラワン・チームだ。


──────────
■レーシングポイントのチーム戦力:100点満点中85点
■テストでの最速タイム:1分16秒634 5番手/全10チーム中(セルジオ・ペレス/C5タイヤ/テスト第2回目・最終日午後)
──────────


 2020年シーズンにおいて、台風の目になりそうなのがレーシングポイントだろう。

全チーム戦力分析:レーシングポイント編
レーシングポイントの2020年型マシン『RP20』


 新チーム発足後、2度目の新車発表となった今年、レーシングポイントがプレシーズンテストに登場させた新車『RP20』は、メルセデスと酷似した外観をしていた。そのため、テストが行われていたカタロニア・サーキットのパドックやピットレーンではレーシングポイントのマシンは「ピンク・メルセデス」と呼ばれていたものである。

全チーム戦力分析:レーシングポイント編
2019年型メルセデスF1マシン『W10』と酷似しているため、“ピンク・メルセデス”と呼ばれたRP20


 テクニカルディレクターのアンドリュー・グリーンも「われわれはレッドブルと同様のハイレーキ・コンセプトをあきらめ、メルセデスのローレーキを採り入れた。メルセデスのパワーユニットとギアボックスを使用するのだから、それを使わない手はなかった」と、メルセデスを模倣したことを認めていた。


「ただし、それはあくまでレギュレーションの範囲内での話。メルセデスとデータの交換はしていないし、レギュレーションで定められているパーツは自分たちで設計し、製造している」(グリーン)


 2007年のスパイ・ゲート事件のように、ライバルチームから設計図などのデータを漏洩させるなどして、情報を手にすることは禁止されている。しかし、ライバルチームのマシンの外観を見て、それを模倣すること自体は違反とはならない。


 それでは、レーシングポイントはどうか。まずノーズは非常に似てはいるが、先端の円形部分の根元にあたる部分のくびれ方がレーシングポイントのほうが締まっているのがわかる。

全チーム戦力分析:レーシングポイント編
メルセデスの2020年型マシン『W11』(写真左)と『RP20』(写真右)。ノーズ先端の形が異なる


 フロントウイングのフラップも上から2枚目のフラップの内側に切れ目を入れるというデザインは同じだが、その切れ込みの入れ具合が微妙に違う。また一番上のフラップの形状も微妙に異なる。

全チーム戦力分析:レーシングポイント編
フラップの切れ込み具合(赤矢印)と形状(水色矢印)が異なる


 バージボードやサイドポンツーン周辺のデザインも、確かにメルセデスの昨年のマシン『W10』に似ているが、細部を見ると、それは似て非なるもの。


 一部のライバルチームがレーシングポイントを批判しているが、すでにこうしたやり方で参戦しているチームはレーシングポイント以外にも2チーム(アルファタウリはレッドブルのデザインを継承、ハースはフェラーリのデザインを継承)あるように、現在のF1ではレーシングポイントのようなやり方は問題にはならない。


 今年のF1はメルセデスとレッドブル・ホンダ、そしてフェラーリが熱い戦いを繰り広げるだろうが、その後方で行われる、レーシングポイント、アルファタウリ、ハースによる代理戦争にも注目したい。



(Masahiro Owari)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦TBC 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年オフシーズン情報号