F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハースF1のグロージャン、苦手とするスタートの克服を目指す。「改善できればポイント獲得に近づける」

2019年12月15日

 ハースF1のロマン・グロージャンは、グリッドからのスタートの改善を決意している。これはチームメイトのケビン・マグヌッセンと比較して、2019年シーズンに彼が苦しんでいた大きな弱点であるからだ。


 グロージャンは最終戦アブダビGPでも、シグナルが消えた瞬間のグリッドからのスタートで遅れをとった。彼はオープニングラップの混乱のなか、15番グリッドからいくつか順位を落としている。


「僕はスタートを改善する必要があると思う。今年はケビンに比べて、そこが僕の弱点だった」とグロージャンは語った。


「ケビンは隣にいたんだ。彼はファーストラップの後は10番手につけていて、ぼくは17番手だったと思う」


「だから僕はそこでタイムを失わないようにする必要がある。そうすれば、ポイント圏内に近づくためのより多くのチャンスを得られるかもしれない」


 グロージャンはスタートでの不手際を繰り返しており、改善のために彼は冬の間にエンジニアたちと作業をすると、ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは語っている。


「ケビンのスタートは優れている」とシュタイナーは述べた。


「ロマンは報告のなかで、スタートがうまくできないのでスタッフと取り組んでいく必要があると話していた」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報