F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1代表、2020年型マシンFW43に大きな期待「14カ月にわたる変革の成果が現れるはず」

2019年12月14日

 ウイリアムズF1チーム副代表のクレア・ウイリアムズは、過去14カ月にわたるチームのハードワークと変革による成果が現れてきていると語った。


 ハイブリッド時代の始まりであった2014年、ウイリアムズはグリッド上で3番手のチームだった。しかし次第にチームは序列を滑り落ちていき、中団のライバルチームに抜かれていった。また、数年にわたって徐々にパフォーマンスレベルを損なってきたエンジニアリング上の問題も、大きな打撃となった。


 2019年シーズン開幕直前にテクニカルディレクターであるパディ・ロウの離脱が発表された。チームはさらに混乱し、シーズン中、ドライバーたちはグリッド最後尾で低迷することになった。


 こうした苦難を経験してきたものの、クレア・ウイリアムズは事態が好転していくだろうと確信している。

2019年F1アブダビテスト1日目 ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2019年F1アブダビテスト1日目 ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

「厳しい2年間を過ごしましたが、この2年間のせいでチームが萎縮することはありませんでした」とウイリアムズは語った。


「今年このチームに見られたのは、並外れたレベルの回復力と不屈の精神、そして状況を好転させるために努力を注ごうという意欲です」


「私は常に言ってきましたが、仕事というものは行ってすぐに結果が出るものではありません。時間がかかるものなのです」


「この14カ月、チーム内でかなり大規模な変革を行ってきました。その仕事の成果が今、現れようとしています」とウイリアムズは付け加えた。


「すべてのF1チームが、来年の目標を持っています。私たちはそうした目標に関しても現時点のチームの状況に関しても満足していますし、いい状態だと感じています。でもどのチームにとっても、設定した目標に到達することは常に挑戦です。テストに向けてマシンを準備することも挑戦ですが、私たちは来年はうまくやる必要があります」


 クレア・ウイリアムズによると、2020年のFW43はパフォーマンスにおいて大きくステップアップするということだ。


「来年のシャシーであるFW43は、今年型よりも向上したものになると確信しています」と43歳のクレアは語った。


「間違いなく改善を成し遂げるため、目下のところ、ファクトリーで全員が作業に励んでいます」


「私たちは確実に、ジョージ(・ラッセル)とニコラス(・ラティフィ)が能力を発揮できるようなマシンを提供しなければならないのです」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報