F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:『フォーミュラ・メディシン』に駆け込んだ体調不良者は200人超。全21戦で最多か

2019年10月31日

「前の晩から具合が悪そうで、それで夕食もいっしょにしなかったのよ」


 そう語るのは、ピエール・ガスリーの母パスカルさんだ。ガスリーはメキシコGP土曜日にウィルス性胃腸炎に感染し、一時は予選出走も危ぶまれた。そんな状態でトップ10に入る速さを発揮したのはさすがだが、セッション後のガスリーは別人のようにやつれ切っていた。


「メキシコではとにかく水に気を付けろと、部下たちにも注意していた」というのは、ホンダのレッドブル担当チーフエンジニア、デビッド・ジョージだ。


「水道水を飲まないのはもちろん、冷たい飲み物に氷は入れない。ハイボールも注文しないほうがいい。氷もソーダも、水道水で作ってることが多いからね」


 幸いホンダのスタッフに、不調を訴える人はいなかったという。


 しかしメキシコGPパドックの『フォーミュラ・メディシン』のオフィスには、この週末次から次へと体調不良者が訪れた。


「毎年けっこうな数の病人がやって来る」と語るのは、パオロ・バリオ医師である。


「去年のメキシコGPは156人に治療や投薬を施した。それが今年は、土曜日までで200人を超えたから、ちょっと多い。大部分は下痢や腹痛、発熱、そして呼吸障害、軽い高山病だ。大気汚染と空気の薄いことが原因だね」。


 たとえば2週間前の鈴鹿は、87人だったという。


「それでも例年より多い。ヨーロッパからの長旅の疲れと、気温の上下が大きくて、風邪をひいた人が多かった。ヨーロッパのグランプリは、平均して鈴鹿より少し少ないぐらい。それらと比べると、メキシコはやはり多いね。高地の特殊な環境と、水や大気が汚染されていることで、どうしても具合の悪い人は多くなる。全21戦の中では? もちろんぶっちぎりで一番多いよ」


 診療所を訪れるのはチームスタッフはもちろん、ジャーナリスト、カメラマン、ゲストたちまで、多岐に渡る。とはいえほとんどは24時間様子を見れば、症状が軽減する。病院に運ばれる例は、ほとんどないとのことだった。



(Kunio Shibata)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/17(日) 決勝 翌2:10〜


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報