F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1メキシコGPの焦点】絶妙のペースコントロールでレースを制したハミルトン。リスクを回避するだけの論拠と方法を把握していたメルセデス

2019年10月29日

 71周レースの23周目にピットイン。残り48周をハードタイヤ1セットで走ったルイス・ハミルトンの1ストップ作戦を、フェラーリは「後ろにいたから可能だったギャンブル」と表現した。そのギャンブルに成功したメルセデスは幸運。フロントロウからスタートした自分たちに、同じギャンブルは冒せなかった、と。

 たしかに、ハミルトンが3番グリッド、バルテリ・ボッタスが6番グリッドからスタートしたメルセデスに失うものは多くなかったかもしれない。しかし彼らは一か八かのギャンブルに出たわけではなく、「勝つためにはリスクを冒すことが必要だった」と表現する。シャルル・ルクレールが15周目にピットインした後、ハミルトンは首位セバスチャン・ベッテルの後方2秒以内の位置を走行していた。23周目のピットインはベッテルにアンダーカットを仕掛けるためだった。

XPB Images

 ハードのニューセットを履いたハミルトンは、速いペースでアウトラップを走った。セクター1のタイムを見た時点で、フェラーリは次の周回でベッテルがピットインしてもカバーすることは不可能だと悟ったという。そのため、ベッテルに残された選択肢は第1スティントを可能な限り長く走り、第2スティントをよりフレッシュなタイヤで有利に進め、ハミルトンのタイヤが力尽きるまで待つことだった。

 25周目にファステストラップを記録したハミルトンは、その時点でベッテルの後方20秒以内。すでにアンダーカットに成功していた。しかし問題は、ハード1セットで48周を走り切れるかどうか? という点で、ハミルトン自身、何度もピットに問いかけた。「彼(ベッテル)がフレッシュなタイヤを履いた時、十分なギャップがあるかどうか分からない」「ピットストップ、早すぎたんじゃない?」と──。

 不安な気持ちを伝える無線と、意外と簡単には縮まらないベッテルとの間隔。しかしそんな印象とは裏腹に、ハミルトンとメルセデスが行っていたのは絶妙のペースコントロールだった。1分19秒台のファステストラップを記録した後、ハミルトンは1分20秒台、21秒台とペースを落としていく。4番手を走りながら、2ストップ作戦が確定している3番手ルクレールを追いかけようとせず“事実上の首位を守る”ペースに切り換えていた。

 予選でフェラーリの後塵を拝するメルセデスにとって、不利な状況を覆すため何よりも重要なのはトラックポジション。どのサーキットに行っても、コース上の勝負ではメルセデスはフェラーリを抜けないし、フェラーリもメルセデスを抜けない。





レース

10/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/25(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※アイフェルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン230
2位バルテリ・ボッタス161
3位マックス・フェルスタッペン147
4位ダニエル・リカルド78
5位セルジオ・ペレス68
6位ランド・ノリス65
7位アレクサンダー・アルボン64
8位シャルル・ルクレール63
9位ランス・ストロール57
10位ピエール・ガスリー53

チームランキング

※アイフェルGP終了時点
1位メルセデス391
2位レッドブル・ホンダ211
3位レーシングポイント120
4位マクラーレン116
5位ルノー114
6位フェラーリ80
7位アルファタウリ・ホンダ67
8位アルファロメオ5
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第10戦ロシアGP号