F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン、初の鈴鹿で自己ベストの4位「ホンダのホームだからトップ3に近づきたかったが、一歩及ばなかった」:F1日本GP

2019年10月13日

 2019年F1日本GP決勝で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、4位だった。予選で6番手を獲得、6番グリッドからソフトタイヤでスタート。ポジションを落とし、序盤はマクラーレンのカルロス・サインツJr.の後方を走行するが、15周目にミディアムに、34周目にソフトに交換する2回ストップで走り、最終的に自己ベストリザルト4位を獲得した。

2019年F1第17戦日本GP日曜 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とランド・ノリス(マクラーレン)
2019年F1第17戦日本GP日曜 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とランド・ノリス(マクラーレン)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン 予選6番手/決勝4位
 4位は僕のここまでのF1キャリアのなかでベストリザルトだ。今回はこのチームに入ってから一番うまくいった週末だったと感じる。FP1で走り出した時点から快適に走ることができたし、バランスにもいい感触を持った。それはとても大事なことだ。鈴鹿では自信を持って走れることが重要だからね。特に僕の場合はここで走るのは初めてだったから。


 レースではさらに上を目指していた。スタートはもっとうまくやれたはずなのに、発進の時にひどいホイールスピンが起きて、マクラーレンの2台に抜かれてしまった。その後、ポジションを取り戻すことができたけれど、そのころには先頭集団から大きく遅れてしまっていた。ランド(・ノリス)と5番手争いをした時、彼は僕にスペースを残してドアを開けていたが、かなりタイトだったよ。


 あとは戦略を利用してカルロスをアンダーカットした。その後は単独で4位を走行し、最後までタイヤを持たせることに集中した。マックス(・フェルスタッペン)がリタイアしたから、チームのためにポイントを稼ぐことができてよかった。今日は4位が最大の結果だったと思う。


 まだ慣れるための過程にいるけれど、今日のペースと自分の進歩には満足している。僕らは今週末、一歩前進したと思う。


 ホンダのホームグランプリだから、今回、僕らはもっといい結果を望んでいた。いいところまでいったが、十分なペースがなかった。これから宿題をこなして、次のメキシコにもっと強くなって戻って来たい。



(autosport web)




レース

7/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストリアGP 7/5
第2戦オーストリアGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP