F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、ルクレールの“無責任な走り”に怒り「ホンダのファンの前で表彰台に乗るチャンスを逃した」:F1日本GP

2019年10月13日

 2019年F1日本GP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはアクシデントによりリタイアした。


 予選5番手を獲得し、5番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、ターン1で2番グリッドスタートのシャルル・ルクレールに追いつき、追い越そうとしたところ、ターン2で接触が起き、コース外にはじき出される形になった。後方まで順位を落とした後、13周目には17番手にポジションを上げていたが、接触によるマシンダメージにより、結局はガレージに戻り14周でリタイアという結果になった。


 スチュワードは最初このアクシデントについてはペナルティを科す必要なしと判断したが、後にこれを取り消し、レース後に審議を行うと発表した。その結果、ルクレールはこのアクシデントに関して責任ありと判断され、ペナルティを受けた。

2019年F1第17戦日本GP日曜 接触によりコースオフしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第17戦日本GP日曜 接触によりコースオフしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=リタイア
 すごくいいスタートを切って、3番手に上がった。うまくいったと思ったよ。ターン2でアウト側をキープしていたら、シャルルが僕のマシンの側面に突っ込んできた。シャルルはポジションを取り戻そうとしていたんだろう。でもレースは長い。スタート直後にあれほどのリスクを冒す必要はなかったと思う。その結果、ふたりとも順位を落とした。ただ彼の方はフロントウイングを交換してレースを続けることができたけどね。


 僕は後方まで落ちてからも走り続けたが、マシンのダメージが大きくて、15周目にリタイアしなければならなかった。僕の方は、他の行動を取る余地はなかったと思う。スチュワードが審議して、判断を下すだろう。


 あれだけいいスタートを切っていたから、今回も表彰台に上がれるチャンスが十分あったと思う。それだけにすごく悔しい。応援してくれているホンダファンの前で表彰台に乗ることができたら、最高だったのに。


 僕らが前進しているのは間違いないし、前とのギャップは縮まりつつある。でも次のメキシコまでにもっと頑張る必要があるね。


(リタイア直後、formula1.comに語り)ハードなバトルは好きだけど、こんなのは“ハードなバトル”ではない。ターン2に向かって無責任な走りをしただけだ。他のマシンのすぐ後ろを走っているときにはダウンフォースを失うことは誰でも知っている。だからそれは言い訳にならない。


 おかしいのは、最初(スチュワードが)審議すらしようとしなかったことだ。僕のマシンは完全に壊された。マシン側面に穴があいたんだ。



(autosport web)




レース

7/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストリアGP 7/5
第2戦オーストリアGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP