F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、約13億円の未払い手数料をめぐる元マネージャーとのトラブルが終結。友好的な和解へ

2019年10月10日

 ルノーのダニエル・リカルドと彼の元マネージャーであるグレン・ビーバスは、2018年の夏からロンドン高等法院で争われていた、1200万ドル(約12億9000万円)の未払い手数料の件について、和解に達した。


 昨年の夏にビーバスは、リカルドとルノーとのドライバー契約に関して、彼の取り分である20パーセントの手数料がリカルドから支払われていないとして、イギリスで申し立ての文書を提出していた。


 ビーバスによれば、リカルドのレッドブルにおける最後の年であった2018年に、彼は5500万ドル(約59億円)に相当するとも伝えられる2年契約の交渉と締結の手助けをしてきたという。


 声明によると、金額は開示されていないものの、両者は食い違いに関して友好的に和解したとのことだ。


「ダニエル・リカルドとグレン・ビーバスは、グレンが申し立てた金額についての問題を友好的に解決したことを発表することを喜ばしく思う。これによりロンドン高等法院での訴訟は終結することとなった。ダニエルとグレンは互いの前途を祝福している」


 リカルドとビーバスの正式な関係の始まりは2013年に遡る。リカルドが実質的所有者であるイギリスのバージン諸島にある企業Whitedunesを通じて、ビーバスはマネージメントやコンサルティングサービスを彼に提供し始めた。


 しかしながら、ふたりの協業は2018年後半に打ち切られていたと見られている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報