F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1ロシアGPの焦点】マネージメントの“スキル”が足りず、自分たちのマシンの速さについていけていないフェラーリ

2019年10月1日

 2カ月ぶり──勝利に沸いたメルセデスでは、ルイス・ハミルトンが「僕らに必要だったのはこれだよ!」とチームに伝え「諦めない精神」を讃えた。常勝を誇った彼らにとって、この2カ月はどんなに長く感じられたことだろう?

 夏休み以降、コース特性にかかわらず強さを発揮して3連勝を飾ったフェラーリは、ソチでも変わらない速さを見せた。対するメルセデスでは予選Q2でミディアムを選択──。ソフトの寿命が極端に短いわけではなかったが、ミディアムでスタートして第1スティントを長く走り、作戦に柔軟性を持たせることを目指した。理由のひとつは、バーチャルセーフティカー(VSC)やセーフティカー(SC)の可能性に備えること。もうひとつの理由は「最後のスティントにソフトを履く選択肢を残しておくこと」と、トト・ウォルフは説明した。

 さらに正直なのは、ジェームス・アリソン(テクニカルディレクター)の言葉だ。
「予選を前にして我々が抱いたのは、スタートラインからの長いストレートとスリップストリームの強烈な効果を考えると、“どのグリッドを得ても首位でターン2をクリアすることは難しい”というフィーリングだった」

 レースを振り返る時、ハミルトンはこう打ち明けた。
「スタート前のミーティングでは“ソフトが保つか、保たないか”“僕らが正しいか、彼らが正しいか”という予想が中心になった。でも最終的に、彼らが正しかったと思う。それくらい、ソフトは僕らが予想したより強かったから」

 でも、それは同時に、ソフトで走る“メルセデスの第2スティント”への期待を大きくするものでもあった。

 フォーメーションラップではミディアムタイヤのグリップを感じられず、スタートでも出足の勢いを欠いた。ポールポジションのシャルル・ルクレールはセバスチャン・ベッテルにスリップストリームを与え、その後方には5番グリッドから発進したカルロス・サインツJr.がしっかりと続いた。奇数グリッドから発進した3台が左に並ぶと、ハミルトンがスリップストリームを得るチャンスはなくなった。

「もう少しで、さらにひとつポジションを失うところだった」
 幸いだったのは、サインツJr.がメルセデスと戦おうとはしなかったこと。しかし第1スティントのフェラーリのペースは速く、毎ラップ予選のように攻めても追いつくことはできなかった。17周目には首位のベッテルから7秒遅れ──その間隔は4周の間固定され、その後メルセデスはわずかに間隔を詰めていく。





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報