F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1シンガポールGPの焦点】2位の“苦さ”を味わったルクレール。矛盾の残るビノット代表の説明

2019年9月24日

 長いレースが終わり、シンガポールの夜空で花火が弾けた。ゴールの後の祝祭は、苛酷なレースを戦い抜いたドライバーたち全員を讃えるもの──。厳しい条件を生んでいるのは気温以上に熱帯雨林性気候の湿度で、汗が乾きにくい分ドライバーの発汗は妨げられ、体温調節を難しくする。執拗なほどコーナーが続くコースはバンピーで、息をつく暇を与えてくれない。

 100%のセーフティカー出動率はミスを許容しない市街地コースに起因するが、疲労による微かな集中力の低下とも無縁ではない。

 そんなレースを終えても、シンガポールで5度目の勝利を飾ったセバスチャン・ベッテルに疲れは見られなかった。表情は汗にまみれていても、ドイツ国歌とイタリア国歌が流れる間、彼は姿勢を変えることなく、しっかりと表彰台を踏みしめた。

「安堵を感じるかって? ある意味、イエスだね。でも“これでやっと息がつける”というような気持ちじゃない。うまくいかない時には自分を変えることも必要だけど、最近は“大きく変える必要はない”と感じているんだ。だから、自分を信じて努力を続ければいいのだということを確認できた気持ちだ」

 モンツァではもちろん、自分にがっかりした。でも、フェラーリへの期待は上向きだったし、ブレイクスルーが近づいていることも感じていた。それでも、フェラーリが苦手なはずのシンガポールでこれだけのパフォーマンスを発揮できたのはうれしい驚きだった。

XPB Images

「だから無線で最初に伝えたのも、これは“チームの勝利”だということだった。ハンガリーで完全に打ちのめされた──。トップから1分も引き離されてしまった厳しい現実を考えると、マシンのスペックが似通ってくるこのコースでポールポジションを争い、レースの主導権を奪えたというのは、本当にチームによる勝利だ。もちろん、僕らは自分自身のこと、自分のレースのことを考えて戦う。でも、いかなる個人も、この特別なチームより大きな存在にはなり得ない」

 F1が今日よりもドライバーの“個人競技”であった時代から、ドライバーよりも“スクーデリア”が最優先されてきたのがフェラーリだ。どんなに活躍しても、ドライバーの名前よりも“フェラーリ・ドライバーの”という事実が先行する。ティフォシにとって、F1ドライバーとはフェラーリのドライバーか否か、という識別になる。

 そんな事実を真摯に受け止めたベッテルの言葉は、完璧に、スクーデリアの立場に立ったものだった。会見で隣に座っていたシャルル・ルクレールは、どんな気持ちでチームメイトのコメントを聞いていただろう──? ポールポジションを獲得したのは自分だ。レースの主導権を握り、チームの作戦を忠実に遂行したのも自分だった。





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報