F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

スイスの自宅で療養続けるミハエル・シューマッハー、パリの病院に入院。幹細胞治療を受けると報道

2019年9月11日

 フランスの新聞『ル・パリジャン』によると、7度のF1タイトルを獲得した元F1チャンピオンのミハエル・シューマッハーは、今週の月曜日にパリの病院に入院し治療を受けているという。


 シューマッハーはパリのジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院に到着後、著名な心臓血管外科医で、『細胞療法の先駆者』であるフィリップ・メナシェ教授が監督する部署に移送された。ここでシューマッハーは、体内で全身の抗炎症作用を生み出す幹細胞を注入すると『ル・パリジャン』は示唆している。


 また同紙によると、シューマッハーの治療は火曜日の朝に始まり、水曜日には退院するようだ。シューマッハーは、すでにパリで2度メナシェ教授による治療を受けているとも同紙は報じている。


 2013年の12月末にスキー事故によって頭部に外傷を負ったシューマッハーは、治療のために半年間に渡って意図的な昏睡状態に置かれていた。2014年の6月にはスイスのローザンヌ大学病院に転院し、その後9月にはさらなるリハビリのためにスイスにある自宅へ戻っていた。


 シューマッハーの治療については、家族の意向によりほとんど情報が明かされていない。元フェラーリのチーム代表で、現在FIAの会長を務めるジャン・トッドは、シューマッハー本人と面会できる数少ない人物だ。


 なお現在ではシューマッハーに関するドキュメンタリーが制作されており、12月5日にドイツ語圏で公開される予定だ。このドキュメンタリーでは、元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンもシューマッハーの近況を語っているという。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報