F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1ベルギーGPの焦点】夢に見た初優勝の実現と、その勝利を亡き親友に捧げたレース

2019年9月4日

 Racing for Anthoine──マシンに貼られたステッカーは、日曜日のレースに臨んだドライバーたちの気持ちを素直に表していた。

 前日のF2レースで起こった事故は、その激しさだけで人々の心を引き裂くものだった。そして長い沈黙の後に届いた報せに、パドックは深い哀しみに包まれた。今シーズン、ルノーの育成ドライバーとして迎えられF2にデビューしたアントワーヌ・ユベールは、ドライバーとしてみんなの“仲間”であっただけでなく、紳士的な態度と明るい笑顔で多くの人に愛された青年だった。シャルル・ルクレール、ピエール・ガスリー、エステバン・オコンにとっては、ともに育ってきた幼なじみであり、親友──。

XPB Images

「シャルルとアントワーヌと僕は2005年に一緒にカートレースを始めた」と、ガスリーは振り返った。同い年のユベールとガスリーは、FFSA(フランス・モータースポーツ連盟)が主宰する育成プログラムに才能を認められ、カート時代からそのサポートを受けてきた。“エキップ・ドゥ・フランス”は将来が期待される数人のエリートを英才教育で育てるシステム。ガスリーもユベールも幼い頃に故郷を離れ、アカデミーの本拠地であるルマンで合宿生活を送りながら育った。

「アントワーヌとは13歳から18歳まで同じアパートに住んで、同じ学校に行き、同じ教室でFFSAのプライベートレッスンを受けるクラスメートだった。あまりにもずっと前から彼のことを知っていて、一緒に育ったから……。サーキットだけじゃなくて、それ以上にサーキット外でも思い出が多すぎて」

 スパ・フランコルシャンのレース現場、ユベールの死を父からの電話で知ったガスリーはその場で打ちのめされ、動揺を隠すことができなかったという。そんなガスリーにルクレールが声をかけ、ふたりはフェラーリのドライバースペースに閉じこもった。

 ルクレールの場合、子供時代のレースを支えてきたのは父・エルヴェであり、ルクレール家と「本物の、ひとつの家族だった」ビアンキ家だった。3歳半で初めてのカートを経験したのはジュール・ビアンキの父が営む南仏ブリニョルのカートコースであり、資金の目途が立たずカートを諦めようとした時に救いの手を差し伸べ、ニコラス・トッドのマネージメントを紹介してくれたのもジュールだった。“ジュリオ”はシャルルにとって兄弟であり、後見人でもあった。

「05年、アントワーヌと僕ら──エステバン(オコン)とピエールと僕は、みんなで一緒にカートレースを始めた。初めてのレースはマニクールで、アントワーヌが優勝したんだ。素晴らしい思い出だよ」と、ルクレールが振り返る。





レース

8/7(金) フリー走行1回目 19:00〜20:30
フリー走行2回目 23:00〜24:30
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号