F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペンの2020年残留が確定。「パフォーマンス条項問題をクリア」とレッドブルF1首脳。ガスリーについては「様子見」

2019年8月8日

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンがパフォーマンス条項を行使する期限が過ぎたとして、彼が2019年末でチームを離れる心配はなくなったとコメントした。


 フェルスタッペンとレッドブルとの契約は2020年末までだが、パフォーマンス条項があることは彼のマネージャーが認めており、状況によっては1年早くチームを離脱することが可能であると考えられていた。しかしマルコによると、ハンガリーGPの日曜で、それを行使する期限が過ぎたという。


 ハンガリーの週末、マルコはパフォーマンス条項について「(今年)新しいエンジンサプライヤーと契約したので、(パフォーマンス)条項があるのは普通のことだ」と語った上で、「日曜に期限が切れる」とコメントしていた。


 決勝後、ドイツのmotorsport-magazin.comのインタビューにおいて、「すべてが確定し、外部から干渉を受けずに済むことに喜んでいますか」と聞かれ、「いいことだ。だが、続けていくことについてはすでに合意済みだった」とマルコは答えている。

2019年F1第12戦ハンガリーGP土曜 ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー
2019年F1第12戦ハンガリーGP土曜 ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー

 一方、チームメイトのガスリーについては、パフォーマンス不足からシーズン途中での解雇もあり得るのではないかとの推測が尽きない。チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、レッドブルがフェラーリとコンストラクターズ選手権2位争いをするためには、ガスリーがもっとポイントを稼ぐ必要があると発言した。ハンガリーGPでフェルスタッペンは2位を獲得したが、ガスリーは1周遅れの6位にとどまった。


「(ハンガロリンクは)オーバーテイクが極めて難しいコースだ。彼はスタートで順位を落とし、チャンスを失った。それに、オーバーテイクが得意なドライバーというわけでもない」とマルコはガスリーについて語っている。


 ガスリーはサマーブレイク中の電話を恐れるべき状況か、という問いに対し、マルコは「とにかく今は夏休みを楽しもう。引き続き検討していく」とだけ答えた。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報