F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、レーシングポイントF1残留は確実と語る。「交渉は最終段階に入っている」

2019年8月3日

 セルジオ・ペレスは、スポーツペサ・レーシングポイントF1チームとの契約交渉は最終段階に入っており、早ければ数日のうちに新たな契約がまとまるだろうと語っている。


 ペレスはレーシングポイントの前身フォース・インディアに2014年に加入。2020年の残留が決まれば、同チームでの7度目のシーズンを迎えることとなる。


「僕は状況の展開に満足している」とペレスはSky F1のレイチェル・ブルックスに語った。


「このチームにとても長く在籍してきた。今はチームの運営は新たなものになっているし、彼らとの未来は素晴らしいものだと思うので、ここに残りたい」


「契約がまとまってすべてがうまく収まれば、お互いがさらに協力し合って活動を続けていくことになる。そうなれば素晴らしいチャンスになる」


「チームは僕を残留させたいし、僕もチームにいたいと思っているから、あと数日かそこらで結論が出るんじゃないかな」


 一貫性のある走りはペレスの最高の長所のひとつとされているが、今シーズンに関してはまだ多くのポイントを獲得できていない。


 先週末のドイツGPではチームメイトのランス・ストロールが4位でフィニッシュしており、ペレスにも好結果を出せる可能性があった。


 だが残念なことに、ペレスは不安定なコンディションのなか、レース開始早々にクラッシュ、1周でリタイアした。


「ガレージに戻ってレースを見ていた。特にレースの終盤では、どれだけのチャンスがあったかと思うととてもつらかった。今でもつらいよ」とペレスは認めた。


「でも前を向いて行こう。うまくいけばシーズン後半に新たなチャンスが生まれ、ライバルたちと戦うことができるようになるかもしれない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/2(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/3(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/4(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報