F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

移り変わるF1の世界。故チャーリーを偲びながら、変わりゆく未来を語る

2019年7月18日

 イギリスGPのレースウィーク木曜日の夕方、旧パドックに仮設された巨大な会場にはF1パドックの中高年層のチームスタッフやオーガーナイザー、オフィシャル、元F1ドライバー、現役F1ドライバー、チャンピオンたち、プレス関係者などカテゴリーを超えて多くの人間が一堂に会した。


 その理由は、今シーズンの開幕直前に逝去したFIAダイレクター、チャーリー・ホワイティングのメモリアルセレモニーが行われたためだ。


 マーティン・ブランドルの進行で、FIAのジャン・トッド、F1のロス・ブラウン、セバスチャン・ベッテルと順にチャーリーへの別れの挨拶をしていく流れだったが、そのベッテルの言葉には目頭を滲ませる者も多かった。


 さらに、会場にはメカニックやエンジニアも多数参加していて、各チームの首脳も顔を揃え、チャーリーを偲んでそれぞれが色々な思い出話しに花が咲いた。ここでいまなお第一線で活躍するエンジニアやチームのマネージャーらと話をしたが、誰もが今後を危惧していた。


 チーム同志のまとまり、F1のこれから、レギュレーションや興業への心配等の話しが尽きることはなかった。そんななか、ひとりの現役エンジニアがひと言が印象に残る。「End of era.(時代の終わり)かもしれないね、F1の」とつぶやいたのだ。


 時代が移り変わり、F1も変わっていく。


「ニキ・ラウダ、チャーリーが逝って、F1は新しい人達による新しい時代に入るってことかもしれないね」と、高年齢層は皆うなずいて言葉を詰まらせていた。

開幕戦オーストラリアGPの週末に逝去したチャーリー・ホワイティングだが、イギリスGPの決勝レース直前、かつてチャーリーがいた思い出の場所には、彼の血を受け継ぐものがいた。息子のジャスティン・ホワイティングだ。今回のレースのスタートシグナルのボタンを彼が押すという粋な計らいをFIAが行なったのだ。




(Tetsuo Tsugawa)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報