F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン、F1イギリスGPで入賞も満足せず。「エンジントラブルもあり難しい週末。次戦に向け対策が必要」

2019年7月18日

 キミ・ライコネンはF1イギリスGPで3戦連続となるトップ10フィニッシュを飾ったが、アルファロメオにとっては決して強力な週末ではなかったと考えている。


 ライコネンは決勝レースのほとんどを、中団チームの混み合う集団内で、ポイント圏外を走行していた。


 マクラーレンのランド・ノリスが2度目のピットストップを行った際にライコネンはひとつ順位を上げ、次いでセバスチャン・ベッテルがマックス・フェルスタッペンに追突して順位を下げたことにより、さらに繰り上がった。


 最終的にトロロッソのアレクサンダー・アルボンのタイヤが摩耗したことで、ライコネンは8位を確保して4点のチャンピオンシップポイントを獲得した。しかしベテランのライコネンにとって、この日曜日は楽なものではなかったという。


「簡単なレースではなかったと言わざるを得ない」とライコネンは認めた。


「マシンのハンドリングは、特にレース後半ではとても良かった。しかしストレートでのスピードが大幅に欠けていて、そのことに制限されてしまっていた」


「最善の選択は、DRSゾーンで誰かの後ろに入り、そこに留まることだった。誰も僕を抜くことができないようにするためだ」


「トロロッソのタイヤが摩耗するのを長いこと待った」


「彼らを後ろに抑えておくのが難しいことは分かっていたが、コーナー付近ではマシンの調子はとても良かった。彼らを十分後ろに抑えておくことができた」


「アルボンを抜いたのはターン15の進入だった。彼が左側のタイヤに苦労するようになっていったから、タイミングを見計らって抜いたんだ」


「それがベストなやり方だと分かっていた。なぜならその前に彼らを抜いていたら、ストレートで抜き返されてしまうからだ。最終的には、とても良い結果になったよ」


 ライコネンの週末は、その始まりよりは明らかに良いかたちで終わった。彼は金曜日にエンジントラブルに見舞われ、走行距離を伸ばすことができなかったのだ。


「次戦に向けて、いくつか調査した方がいいことがあると思う。金曜日にエンジントラブルもあり、全体的には難しい週末だった。金曜日にはふたつのパッケージを比較しようとしていたんだ」


「強力な週末だったとは思わないが、まずまずのポイントを獲得することはできた」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報