F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス「ポイントにはあと一歩及ばなかった。何度経験しても11位は悔しい」レーシングポイント F1オーストリアGP日曜

2019年7月2日

 2019年F1第9戦オーストリアGPが行われ、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは11位、チームメイトのランス・ストロールは14位だった。


■スポーツペサ・レーシングポイントF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=11位
 全力を尽くしたが、ポイントにはあと一歩及ばなかった。スタートは良かった。ただ、ターン3で(アントニオ・)ジョビナッツィを抜こうとした時にロックアップして失敗し、そこからレースの終わりまで、ほぼずっと彼を追いかけて過ごすことになった。


 レースの前半戦では、ソフトタイヤとミディアムにあまり大きな差はなかったし、前にいたクルマの大半はほぼ同じ戦略で走っていたから、周りと違うことを試みるチャンスは事実上なかったんだ。11位でフィニッシュというのは、何度経験しても悔しいものだが、これが今日の僕らのスピードを正確に反映したポジションだった。


ランス・ストロール 決勝=14位

2019年F1第9戦オーストリアGP ランス・ストロール(レーシングポイント)
2019年F1第9戦オーストリアGP ランス・ストロール(レーシングポイント)

 完全に運に見放されたレースだった。最初のスティントでは、見通しは明るそうに見えた。僕は(ニコ・)ヒュルケンベルグと(セルジオ・)ペレスの背後でチャンスをうかがっていた。ところが、そこでパワーユニットに何らかの問題が起きて、10周ほどの間、様子を見なければならなかった。あれで5〜6秒は失ったと思う。何が起きたのか正確なところは聞いていない。


 そして、燃料流量計にも問題があることがわかり、少しエンジンのモードを下げる必要に迫られた。(ダニエル・)リカルドにポジションを奪われたのは、そのせいだ。


 全体としてタフな午後だったのは間違いないが、すでに視線は次のシルバーストンに向けている。チームにとってのホームレースが楽しみだ。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報