F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトンが降格、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンがフロントロウに。6人のペナルティでグリッド大変動

2019年6月30日

 F1オーストリアGP予選で2番手を獲得したメルセデスのルイス・ハミルトンに、他車を妨害したとして3グリッド降格のペナルティが科された。これにより、予選3番手のレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがフロントロウの2番グリッドに繰り上がることが決まった。


 Q1でハミルトンはアルファロメオのキミ・ライコネンのすぐ前を走行、ターン3でコースオフしてライコネンの進路から外れたが、ライコネンは邪魔されたとして怒りの仕草を見せた。


 この一件は審議対象になり、スチュワードはふたりおよびそれぞれのチームの代表者の話を聞き、証拠を調べた後、ハミルトンはターン3で不必要な妨害を行ったと判断した。ハミルトンには3グリッド降格およびペナルティポイント1が科された。


「44号車(ハミルトン)は、ピットから出てきたばかりで、後ろから7号車(ライコネン)を含む複数のマシンが近づいてきていることを(チームから)知らされていた」とスチュワードの声明には記されている。


「44号車は、ファストラップ中の7号車が近づいてくることに気付き、回避するための行動を取ろうとしたものの、7号車を妨げることを避けるのに十分ではなく、7号車はそのラップを断念しなければならなかった」


 予選2番手のハミルトンは5番グリッドに下がるべきところ、土曜時点の暫定グリッドでは4番グリッドが与えられている。これは、予選5番手のハースのケビン・マグヌッセンがギヤボックス交換でペナルティを受けるためだ。

■ホンダがアルボンのパワーユニットを「戦略的理由」で土曜に再度交換

 今回降格ペナルティを受けるドライバーが多く、グリッドは予選結果とは大きく異なるものになる。


 予選で5番手を獲得したマグヌッセンは、ギヤボックス交換で5位降格。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、シーズン5基目のICE(エンジン)を投入したことで5位グリッドダウンされた。


 なお、金曜にパワーユニットの新エレメントを投入し、最後方グリッドからのスタートが決まっていたトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンに関し、チームは土曜に新たにICE(5基目)、ターボチャージャー(4基目)、MGU-H(4基目)、MGU-K(4基目)を入れた。これはすべて制限基数を超えての交換となるため、ペナルティ対象だが、後方グリッドからのスタートというペナルティに変わりはなく、アルボンには土曜時点で19番グリッドが与えられている。土曜の交換についてホンダは、「戦略的理由」と説明している。


 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は金曜時点でICE(4基目)、ターボチャージャー(4基目)、MGU-H(4基目)、MGU-K(3基目)、エナジーストア(3基目)、コントロールエレクトロニクス(3基目)を入れ、20番グリッドに降格される。


 また、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、予選Q1でトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトを妨害したと判断され、3グリッド降格およびペナルティポイント1を科された。「63号車(ラッセル)には、ファストラップの26号車(クビアト)が近づいてくることについて、チームから知らされるべきところ、その連絡が適切なタイミングで行われなかった」とスチュワードは説明した。ラッセルは予選19番手だったが、他車の降格により、ペナルティを受けても18番グリッドが与えられる。

2019年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がフロントロウからのスタートに
2019年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がフロントロウからのスタートに

 これらの降格ペナルティの結果、ポールシッターであるフェラーリのシャルル・ルクレールに並ぶ2番グリッドにフェルスタッペンが繰り上がり、2列目にはメルセデス2台が並ぶことになった。予選9番手だったレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは8番グリッドへ、予選18番手のクビアトは16番グリッドに、それぞれポジションを上げて、レーススタートに臨む。


 グリッドは決勝直前までにさらに変更になる可能性がある。



(autosport web)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号