F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第9戦オーストリアGP FP2:フェルスタッペンとボッタスが単独クラッシュ。赤旗2回の波乱のなかルクレールがトップ

2019年6月28日

 2019年F1第9戦オーストリアGPフリー走行2回目は、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは単独クラッシュを喫し9番手、ピエール・ガスリーは3番手タイムをマークしている。


 FP2の始まる午後3時には気温は30℃を超え、路面温度も51℃まで上がった。パワーユニット(PU/エンジン)交換で最後尾スタートが決まっているアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)がソフトタイヤで周回を重ね、それ以外のドライバーはミディアムタイヤかハードタイヤを装着した。


 メルセデスはミディアムのボッタス、ハードのルイス・ハミルトンが立て続けに、最終コーナーでコースオフを喫したが、ほとんどダメージは負っていない。


 開始後30分の時点で、ボッタスが1分5秒417でトップ。ハミルトン、ルクレール、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、フェルスタッペンが続き、6、7番手にマクラーレンのランド・ノリス、カルロス・サインツJr.が付けた。ガスリーはターン4で派手にコースを飛び出し、17番手に留まっている。

2019年F1第9戦オーストリアGP FP2でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がクラッシュ
2019年F1第9戦オーストリアGP FP2でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がクラッシュ


 それから間もなくして、トップ3チームによる事故の連鎖が始まった。まずは開始後37分、フェルスタッペンが最終コーナーで飛び出し、リヤからバリアに突っ込んだ。マシンは大きなダメージを負い、フェルスタッペンは悄然とガレージに戻って行った。

2019年F1第9戦オーストリアGP FP2でクラッシュしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2019年F1第9戦オーストリアGP FP2でクラッシュしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)


 7分間の中断後、セッション再開。するとそのわずか1分後に、今度はボッタスがターン6で挙動を乱し、グラベルを突っ切ってバリアに正面から激突した。ボッタスもフェルスタッペン同様に自力でコクピットから出たが、衝撃はこちらの方がはるかに大きく、メディカルセンターに向かった。


 この赤旗中断も、7分後に再開された。するとその3分後、「バルテリは大丈夫か」とライバルの安否を無線で尋ねていたベッテルが、最終コーナーでコースオフ。フェルスタッペンとほぼ同じ進路をたどったが、バリアの直前で辛くも止まり、派手に砂利を振り撒きながらも、かろうじて無傷でコースに復帰した。


 セッションが約1時間を過ぎたところで、ルクレールがソフトで1分05秒117の最速タイムを叩き出した。そのすぐあとにガスリーが、ハミルトンをしのぐ3番手タイムをマーク。さらにサインツがハミルトンの0.016秒差まで迫る5番手タイム。ロマン・グロージャン(ハース)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)の中団勢も、6、7番手で続いた。


 13周の周回に留まったフェルスタッペンは、9番手に後退。ロングランをほとんどできないまま、初日を終えた。トロロッソ・ホンダはアルボンが13番手、ダニール・クビアトはチームメイトから0.084秒落ちの15番手だった。



(Kunio Shibata)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 19:00〜20:30
フリー走行2回目 23:00〜24:30
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号