F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1、今後2年でファクトリーに新しい風洞施設を建設予定。市販車部門とも共有へ

2019年6月25日

 マクラーレンF1チームのマネージングディレクターを務めるアンドレアス・ザイドルは、今後2年の間にMTC(マクラーレン・テクノロジー・センター)に新たな風洞施設を建設する計画を明らかにした。


 現在、空力に関する作業はドイツのケルンにあるトヨタの最先端施設で行われている。だが新しい施設は、この10年使用されていないマクラーレンの旧風洞施設の敷地内に建設予定だという。


「ザク(ブラウン)およびシェイク・モハメド、マンスール(オジェ)といった株主から私に現在与えられている最大の課題のひとつは、ウォーキング(のファクトリー)やコースにおけるインフラ、構造などに関わる欠点などを明らかにすることだ」とザイドルは語った。


「我々の大きな弱点のひとつが、現在我々がウォーキングで独自の風洞を運用していないことだというのは明らかだ。10年近くにわたり、我々はマシン開発を遠く離れたケルンで行ってきた」


「新しい風洞施設をウォーキングに設置するという決断を、とても嬉しく思う。これはチームの誰もにとって間違いなく素晴らしいメッセージだ。なぜならザクと株主たちが、チームがトップに返り咲くことについてどれだけ真剣であるかということを示していることにもなるからだ」


「チーム内の全員にとって素晴らしいニュースだし、大いに士気が高まるだろう」


 またザイドルは、新しい風洞施設の建設には「およそ2年」がかかり、好成績を誇るマクラーレンの市販車部門『マクラーレン・オートモーティブ』や、自動車産業の顧客も、最終的に施設の恩恵にあずかることになると述べた。


「風洞への投資は、我々のF1プログラムのためだけではないということに言及しておくのは重要なことだ」


「我々は風洞施設を市販車部門とも共有できると考えている。将来の見込みのあるモータースポーツ・ブロジェクトとも共有できるだろう。その件についてはザクが動いている」


「同時に、我々の顧客に施設を貸し出すことも可能だと考えている。これが我々の考えであり、この投資を行うことを決断した理由だ」


 新風洞施設の建設は、マクラーレンの株主から承認が下り次第、開始される予定だという。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報