F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルノーF1「ホームレースのフランスGPでも、前戦同様の実力を発揮するチャンスがある」と自信

2019年6月19日

 ルノーF1チームは、前戦カナダGPでは2019年シーズンにおいて初めてマシン全体からパフォーマンスを引き出すことができたと認め、ホームレースとなる今週末のフランスGPでも同様の競争力を発揮できるチャンスがあると考えている。


 カナダGPではダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが7位と、ルノーは今シーズンのベストリザルトを記録した。


「チーム内の雰囲気はとても良い。特にモントリオールの後はね」とルノーのエンジンテクニカルディレクターを務めるレミ・タフィンは語った。


「我々のスタッフはあのレースを楽しむことができた。このようなことは、今シーズン初めてだったかもしれない。(ルノーの)ホームレースであるフランスGPに臨むにあたって、チームの大きな励みとなった」


「母国でのレースでは、観客の温かさ、エネルギー、誇りを感じることができる。それと同時に、結果を出すためのさらなるモチベーションも得ることができる。プレッシャーが多少増えるということはあるがね」


 モントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットは、エンジンが大きく影響するコースでもある。前戦のパフォーマンスについてタフィンは、次のように話した。


「今シーズン初めて、週末全体を通して我々のパッケージ全体がパフォーマンスを発揮できた」


「重要なのはそれを繰り返すことだ。我々のホームレースであるフランスでは、もう一度パフォーマンスを発揮し、同じレベルの力を出す大きなチャンスがある」


「当然ながら我々は今もシーズンに専念しているが、さらなるハードワークをやり遂げなければならない。コンストラクターズ選手権で4位の座を取り戻し、間違いなく中団チームの上位に上がりたいのだ」


 今シーズンの全体的な進歩について、ルノーはどれほど満足しているのだろうか?


「テストと開幕戦からすぐにエンジンがパフォーマンスを発揮できることは分かっていた」


「エンジン面に関して多くの作業を行い、全体的に充実した冬を過ごした。最初の2戦で2回のインシデントに阻まれてしまったが、インシデントに対処する我々の能力を示すことができた」


「スペインGPでは、問題に対応するためにアップグレードを投入した。そしてそこからまず我々の信頼性の高さを、次に我々のパワーユニットのパフォーマンスを示すことができた」


「我々には優れたベースラインがあるが、さらに多くのことをやらなければならないことは承知しているし、これで終わりではない。カナダGPについては満足できたと言える。なぜなら中団グループの上位という、目指す位置につけることができたからだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(grandprix.com)




レース

9/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/21(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
9/22(日) 決勝 21:10〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報