F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、レッドブル離脱の噂を否定「チームを去るなんて考えたことすらない。ここが自分の居場所だ」

2019年6月12日

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、父親であるヨス・フェルスタッペンのツイッターへの投稿によって勢いづいたレッドブル離脱についての噂を退け、チームを離れることを考えたことはないと主張している。


 先週、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダが上位での戦いを続けることができなければ、マックスがチームを去る可能性があると懸念を表明した。


 そしてヨスがマルコの発言を引用したツイートをリツイートしたため、フェルスタッペンがレッドブル・ホンダを離脱する可能性を裏付けた形となってしまった。


 しかし、マックスは彼らの話を否定した。


「記事には余計なことが書かれている……。ドライバーは僕であって、僕の父ではない」とフェルスタッペンは語った。


「いつも言っていることだが、僕は楽しんでいるよ。もちろん、より良い仕事をする必要があることはみんなが分かっているが、僕はホンダとのプロジェクトを信頼している」


「僕たちはパフォーマンスを向上させるために懸命に取り組んでいるところだ。今後のレースで僕たちがどの位置につけるか、目にすることになるだろう」


「さらなるパワーを手に入れ、マシンバランスを改善できれば、状況は多少変わってくるはずだ」


 先週末のカナダGPを5位で終えたマックスだが、レースウィークを迎える前に、彼は優勝できていない現状において、どれだけ長くレッドブルに留まるつもりなのかと尋ねられた。


「それは考えたことすらない」


「結局のところ、フェラーリを見れば、彼らとの差を縮めるのは簡単なことではない」


「メルセデスは非常に良い仕事をしているけれど、僕にとってチームの居心地はとても良いし、今のところここが居場所だと感じている。チームを離脱するようなことは考えてすらいない」


「チームのなかでは良い気分で過ごしているし、とてもリラックスできていると感じている。そのことが助けになっていると思う」


「すでに何年にもわたって多くの時間をともに過ごしているから、お互いのことがより分かるようになっている。コミュニケーションもとても上手くいっているし、充実した時間を過ごしているよ」


「僕たちは改善するために必死に取り組んでいる。改善しなければならないことを分かっているんだ」


「そのことは秘密でもなんでもなく、シーズンの初めから分かっていたことだ。だから今起きている状況は大きなショックなんかではない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP