F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン「ランキング9位はあるべき順位ではない」と期待を下回る2019年シーズンに苦戦

2019年6月6日

 アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、これまでのところ、2019年シーズンは期待を下回っていると認め、コンストラクターズランキング9位というのは「あるべき順位ではない」と語った。


 ライコネンは2019年シーズン序盤の4戦でポインをト獲得したが、スペインGPとモナコGPではトップ10フィニッシュには程遠い状況だった。今週末のカナダGPに向けて、ライコネンは当然ながら気を引き締めている。


「モントリオールのコースは僕たちに合っているだろう。だけど正直に言えば、今シーズンはこれまでのところ、多くのことが計画通りに進んでいない」とライコネンは認めた。


「タイヤを機能させ、マシンのポテンシャルを完全に引き出せるよう期待している」


「コンストラクターズ選手権で9位というのは、間違いなくあるべき順位ではない」


 ライコネンと同様に、チーム代表のフレデリック・バスールも、カナダGPの舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットはマシンの性質により適したコースだと見ている。『C38』のペースは、予選よりも決勝レースでの方が優れている。


 しかしながらバスールは、F1の中団グループの戦いは相変わらず厳しく激しいものであると主張している。


「我々は自信を持ってモントリオールを見据えている」とバスールは語った。


「コースレイアウトは我々のマシンと相性が良いものだし、オーバーテイクのチャンスがある。それが、これまでのコースで優れたレースペースがあったにもかかわらず、苦戦した点だ」


「レースの週末ごとに、我々はマシンの理解を深め、いかにペースを引き出すかということを学んでいるが、完璧なレースウィークにすることが今も重要だ」


「中団グループでは熾烈な接戦が展開されている。コンストラクターズチャンピオンシップでは、5位と9位との差はわずかだ。だからすべてのミスが高い代償につながる。だが我々はカナダでポイントを獲得し、順位を上げることができるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報