F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1のラッセル、フェルスタッペン人気に抗えないオランダGPは「退屈な展開になる」と予想

2019年6月6日

 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1が2020年よりカレンダーに復帰するオランダGPに意欲を見せていることには、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の高い人気が関係していると考えているが、コース自体は見応えのあるレースを生み出すことはなさそうだと語った。


 今年の5月、リバティ・メディアはオランダの歴史あるコースであるザントフォールトと契約を締結し、1985年以来となるF1オランダGPが開催されることが決定した。


 F1の商業権保有者であるリバティ・メディアとザントフォールトは、フェルスタッペン人気の抗しがたい影響や、彼の母国における大勢のファンといった、“マックス効果”を大いに活用したいと考えている。


 商業的側面からはF1のこの動きを理解しているラッセルだが、レースに関しては、マシンの行列ができる退屈なものになるだろうと見ている。


「僕はザントフォールトを気に入っている。純粋に走るためということでは、おそらく世界でも好きなコースのトップ5に入っている。でもレースをするとなると、モナコと同じように退屈なところになるだろう」とラッセルは語った。


「でも誰もがモナコでは何を期待すべきか分かっているし、それはオーストラリアについても同じだ。つまり、オーバーテイクのチャンスが限られているということだ。そして今ではザントフォールトがその仲間入りをすることになる」


「その事実をただ受け入れる必要がある」


 またラッセルは、オランダの大勢のF1ファンの要求に応じることは理にかなっていると付け加えたが、グランドスタンドが満員になることが、コース上のレース展開を変えることはないと主張している。


「オランダへは、ほぼマックスとオランダのファンのために行くことになるだろう。でもファンなしでは今のF1はないのだから、そのことには感謝しなければならない」


「ザントフォールトは素晴らしいコースだ。グラベルが取り除かれないことを強く願っている。というのもグラベルのおかげで、コースは難しいものになるからね。でも競り合いをするのはほとんど不可能だ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報