F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

スペイン人ライターのF1便り 後編:精彩欠けるFIA-F2のミック・シューマッハー。今年はランキング10位以内に入れば上出来

2019年5月25日

 スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアのモータースポーツコラム。今回はF1、FIA-F2の“ルーキー”たちについて、その実力は高い評判に見合っているか、前後編に分けて考察していく。


———————————
 F1以外でもフェラーリは、フェラーリ・ドライバー・アカデミーによってその存在感を示している。アカデミーは全部で3人のFIA-F2ドライバーを擁しているのだ。


 そのうちのひとりは、彼の有名な姓のおかげで非常に特別な支持者がいる。ミック・シューマッハーは2015年にシングルシーターに出場して以来、多くの注目を集めている。


 シューマッハーは着実に力を伸ばし、2018年にはFIA-F3でタイトルを獲得するまでになった。懐疑的な者もいまだに多くいるものの、彼は高い評価を受けている。


 しかし、彼の2019年シーズンのスタートは予想よりも輝きに欠けるものになっている。有力と目されているプレマのマシンの1台をドライブしているものの、何度かミスや不運によって、好結果を出すことができていないのだ。


 ミック・シューマッハーの初めてのFIA-F2シーズンのスタートについて判断を下すのは難しい。特に彼の通常の進歩の過程を考えればなおさらだ。


 彼は苦戦する新シリーズでの最初の年は足がかりとし、その翌年タイトルを目指して戦うのだ。彼はF4とF3でもそうしたし、FIA-F2でもそうするだろうというのが大方の見方だ。


 彼の2019年の目標は、数回表彰台に上がり、可能ならスプリントレースで勝利を飾ることだろう。これ以下の結果でチャンピオンシップを10位以下で終えたら、期待外れだと言えるだろう。


 シューマッハーはFIA-F2におけるただひとりのルーキーではない。コース上には他に7人の新人ドライバーと、2戦しか出場していない新人ドライバーがひとりいる。


 これまでで最も印象強いドライバーは、中国出身の周冠宇(チョウ・グアンユー)だろう。皮肉なことに、今年は彼がフェラーリ・ドライバー・アカデミーを離れて、ルノー・スポール・アカデミーに加入した最初の年である。


 優れたペースと少しの幸運の組み合わせに助けられてはいるが、グアンユーはFIA-F2での最初の数戦において多くの人々がシューマッハーに期待していた戦いぶりを見せた。第3戦スペインを終え、現在ランキング5位に位置している(シューマッハーはランキング12位)


 また、アンソニー・フバート(BWTアーデン)が何を達成できるかということも興味深い。2018年のGP3チャンピオンであるフバートは、競争力の低いマシンながらも、素晴らしいパフォーマンスを見せているのだ。


 FIA-F2選手権で初の女性ドライバーであるタチアナ・カルデロン(BWTアーデン)にも注目しているが、彼女は今のところ苦戦しているようだ。

ウイリアムズからF1バルセロナテストに参加したニコラス・ラティフィ
ウイリアムズからF1バルセロナテストに参加したニコラス・ラティフィ


 最後に、FIA-F2のタイトル争いにおいては、現在ランキングトップのニコラス・ラティフィ(ダムス)が最も有力なドライバーとしてシーズンを最後まで戦うだろう。彼には経済的支援もあるため、2020年のF1シートの最有力候補にもなるはずだ。


 不思議なことに、フェラーリはレッドブルが過去にジュニアプログラムと同様のことを、ついに行うようになった。


 シャルル・ルクレールはフェラーリという最終目的地に到達した最初のドライバーだが、他のドライバーも後ろに控えている。現在ジョビナッツィがアルファロメオにおり、ミック・シューマッハーやジュリアーノ・アレジ(トライデント)、カラム・アイロット(ザウバー・ジュニアチーム)のような有力ドライバーがFIA-F2を戦っている。


 FIA F3にも、プレマのマーカス・アームストロングやチームメイトのロバート・シュワルツマンのようなドライバーがいる。


 そしてご存知だろうか? 最近、ザウバー・ジュニアチームは、アーサー・ルクレールというドライバーを彼らのF4チームに迎えている。そう、彼は実はシャルルの弟なのだ……。



(Alex Garcia/ Akarag)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報