F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリ「ピットストップウインドウの幅が広く、戦略にバリエーションのあったレース。新規則の影響も見られた」

2019年4月29日

2019 アセ?ルハ?イシ?ャンク?ランフ?リ 決勝


2019年4月28日、ハ?クー
 予選順位そのままに、ハ?ルテリ・ホ?ッタスか?優勝、ルイス・ハミルトンか?2位を獲得し、またしてもメルセテ?スか?ワンツーフィニッシュを達成しました。トッフ?4か?、ソフト?ミテ?ィアムと繋く?1ストッフ?戦略を採用しました。これと異なる戦略による最上位ト?ライハ?ーは、フェラーリのシャルル・ル クレールて?した。8番ク?リット?からスタートしたルクレールは、ミテ?ィアムて?長いオーフ?ニンク?スティントを走行し、その後ソフトへ交換しました。


キーホ?イント
・ハ?クーて?のレースとしては珍しく、ハ?ーチャルセーフティーカーか?1度導入されたのみて?、 アクシテ?ントの発生もわす?かて?した。したか?って、過去のアセ?ルハ?イシ?ャンク?ランフ?リて?見られたような劇的な展開はありませんて?した。
・ソフトタイヤて?スタートした大半のト?ライハ?ーか?、早い段階て?ミテ?ィアムタイヤへ交換しました。ミテ?ィアムは、レースを通して良好なヘ?ースと耐久性を示していました。
・いくつかの興味深い戦略も見られました。レット?フ?ルのヒ?エール・カ?スリーは、ミテ?ィアムタイヤを装着して、他の2名のト?ライハ?ーとともにヒ?ットレーンからスタートしました。 カ?スリーは、38周目まて?6位を走行していましたか?、ハ?ーチャルセーフティーカーの導入を招くリタイアに終わりました。
・2ストッフ?戦略を採ったト?ライハ?ーも見られました。ルクレールは、ファステストラッフ?ホ?イ ントを狙って、レース終盤に再度ソフトへ交換しました。マクラーレンのラント?・ノリスも2ストッフ?戦略て?8位を獲得しました。
・ヒ?ットレーンからスタートしたアルファ・ロメオのキミ・ライコネンは、ソフト?ミテ?ィアムと繋く?1ストッフ?戦略て?ホ?イント圏内の10位を獲得しました。ライコネンは、ミテ?ィアムて?44周のファイナルスティントを走行しました。


各コンハ?ウント?のハ?フォーマンス
・ハート? C2:摩耗とテ?ク?ラテ?ーションのレヘ?ルか?低いハ?クーて?は、ミテ?ィアムとソフトか?最適な組み合わせとなり、ハート?は使用されませんて?した。フリー走行て?もハート?の走行機会は少なく、各チームは十分なテ?ータを収集していませんて?した。
・ミテ?ィアム C3:レースの大半て?使用されたミテ?ィアムは、性能とテ?ク?ラテ?ーションの卓越したハ?ランスを示し、最適なレースタイヤとなりました。その証として、素晴らしい一貫性を失わない長いスティントか?見られました。
・ソフト C4:ルクレールか?、終盤にソフトを使用してファステストラッフ?を記録しました。大半のト?ライハ?ーか?ソフトて?スタートしましたか?、早い段階て?耐久性の高いミテ?ィアムへ交換しました。ルクレールは、予選のQ3を走行て?きなかったことから、新品のソフトタイヤを温存しており、ハ?クーのレースラッフ?レコート?更新に繋か?りました。


ヒ?レリ カーレーシンク?責任者 マリオ・イソ?ラのコメント
「FP1の大半か?失われ、FP2て?は2回の赤旗中断か?発生し、予選て?も赤旗による遅延に伴う低温下て?セッションを余儀なくされるなと?、レースまて?の道のりか?極めてトリッキーて?した。今日の 路面温度か?昨日まて?よりも高くなったことも相まって、タイヤ動作を正確に予測することか?難し い状況て?した」


「しかし、ヒ?ットストッフ?ウィント?ウか?非常にワイト?て?あったことは明白て?、ファステストラッフ?ホ?イントを狙ったシャルル・ルクレールによる終盤のヒ?ットストッフ?を含め、いくつか戦略のハ?リエーションか?見られました」


「今回もまた、2019年の新しいルールによる影響か?垣間見えました。ハ?クーて?は、ルクレールか?その新ルールによるホ?イントを獲得し、一方、チャンヒ?オンシッフ?リータ?ーのホ?ッタスは、ファステストラッフ?ホ?イントの獲得によるわす?か1ホ?イント差て?ハミルトンをリート?しています」

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP レースインフォグラフィックス
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP レースインフォグラフィックス

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP レースインフォグラフィックス
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP レースインフォグラフィックス

■コンパウンド毎のラップタイム上位:
・ミディアムタイヤ
 バルテリ・ボッタス:1’44.024
 ルイス・ハミルトン:1’44.166
 セバスチャン・ベッテル:1’44.629


・ソフトタイヤ
 シャルル・ルクレール:1’43.009
 ランド・ノリス:1’45.394
 ケビン・マグヌッセン:1’46.682


■最長スティント
 ミディアム C3:キミ・ライコネン 44Laps
 ソフト C4:ニコ・ヒュルケンベルグ 16Laps



()




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報