F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ代表「まさかのノーポイント。何が悪かったのかを分析する必要がある」:F1アゼルバイジャンGP日曜

2019年4月29日

 2019年F1アゼルバイジャンGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはリタイア、アレクサンダー・アルボンは11位だった。


■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーム代表フランツ・トスト
 予選でのペースがよかったため、決勝に大きな期待を抱いていた。しかし残念ながら期待していたのとは全く異なる結果に終わった。


 ドライバーはふたりともオープニングラップでポジションをひとつ落とし、すぐにタイヤのグレイニングを訴え始めた。ダニールは早々にピットインし、プライムタイヤに交換。その後、いいパフォーマンスを発揮して、10番手争いの位置までポジションを上げた。しかしそこで(ダニエル・)リカルドとのインシデントが起きた。リカルドがブレーキングをミスしたことで、ふたりともがコースオフし、その上、リカルドはコースに復帰しようとしてバックした際にダニールのマシンに突っ込んだ。そのせいでフロアに大きなダメージを負い、ダウンフォースが大幅に低下し、ダニールをリタイアさせるしかなかった。


 アレックスに関しては、彼をピットに入れるのが遅すぎたと思う。彼はセカンドスティントのなかでポジションを挽回したが、11位どまりだった。


 今日は何が間違っていたのかを分析し、スペインに向けて改善する必要がある。




(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
6/22(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
6/23(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報