F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトンが2連勝でポイントリーダーに「ドライビングスタイルを変えたことが逆転勝利につながった」:メルセデス F1中国GP日曜

2019年4月15日

 2019年F1中国GP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンはシーズン2勝目を挙げた。前戦までのポイントリーダー、バルテリ・ボッタスが2位だったことで、ハミルトンがランキングトップに浮上した。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=1位
 順調とはいえない週末が続いたけれど、今日はチームにとって素晴らしい結果を出すことができた。全員がこのために懸命に取り組んできたんだ。


 フェラーリはバーレーンで非常に速かったので、ここに来て彼らとの位置関係がどうなるかは予想がつかなかった。


 バルテリ(・ボッタス)は今週末ずっと速さがあり、今日も素晴らしい仕事をした。1000回目のグランプリを1−2でフィニッシュできたのは本当に特別なことだ。


 鍵となったのは、スタート(でトップに立ったこと)だ。その後は、その位置を守って走るだけだった。この3戦は戦略が本当に完璧だったから、今後もうまくやっていく必要がある。


 中国のチームLH(ルイス・ハミルトン)は、週末中、熱心に応援してくれた。彼らには大いに感謝している。僕が空港に着いた瞬間から、毎朝毎晩、ホテルでも、コースでも歓迎してくれた。サポートしてくれた皆に心から感謝する。


 今もかなり接戦だということは明らかだ。今後のレースがどんな展開になるかはまったく分からないけれど、すごく楽しみにしているよ。

2019年F1第3戦中国GP ルイス・ハミルトン(メルセデス)の勝利を祝うチーム
2019年F1第3戦中国GP ルイス・ハミルトン(メルセデス)の勝利を祝うチーム

 今週末を通してマシンは僕が思うような動きをしてくれなかった。以前はこのトラックでは速かった。アグレッシブなドライビングスタイルがうまく合っていたんだ。でも、その走りではタイヤを機能させることができず、マシンもうまく機能しなくなっていた。それでパフォーマンスを失ったんだ。


 そのために、本来のドライビングスタイルを大きく変える必要があった。全く違うやり方に変えたんだ。そうして予選の終わりにいい形に持っていくことができた。決勝では、比較的通常に近いドライビングスタイルで走れた。それでスタート後に(2番グリッドから)トップに立つと、そのポジションを維持することができたんだ。




この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号