F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル今季初表彰台「ターゲットのメルセデスにまるで届かず。シャルルがレッドブルに負けたのも残念だった」:フェラーリ F1中国GP日曜

2019年4月15日

 2019年F1中国GP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3位でフィニッシュ、今シーズン初の表彰台を獲得した。


 3番グリッドのベッテルは好スタートを決めて1コーナーでポールのバルテリ・ボッタスをアウト側から抜こうとしたが、イン側からチームメイトのシャルル・ルクレールに抜かれ、4番手に落ちた。


 10周を過ぎた時点で、チームはボッタスのペースについていけないルクレールにベッテルとポジションを交代するよう指示。早めのピットストップをしたマックス・フェルスタッペンをカバーするためにベッテルも翌18周にピットインし、ハードタイヤに交換。35周目にはミディアムを装着し、3位を守ってフィニッシュした。ルクレールはフェルスタッペンにアンダーカットされ、5位でフィニッシュした。

2019年F1第3戦中国GP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第3戦中国GP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
セバスチャン・ベッテル 決勝=3位
 表彰台に上れてうれしいが、今日の僕らは遅すぎたと思うから、満足はできない。メルセデスに匹敵する速さを発揮して、3位よりもっとずっといいポジションをつかみたいと考えていたが、それはかなわなかった。


 3位と4位でフィニッシュできなかったことも残念だ。今日のピットウォールからの指示についてだが、僕らは常にチームを優先すべきであり、シャルルも僕も自分たちがチームのために走っていることは承知している。僕らは自分自身のレースをすることができるが、何よりもまず、フェラーリがライバルと戦えるポジションにいられることを優先しなければならない。


 今季型はいいマシンだと思うけれど、まだポテンシャルをすべて引き出せていない。今たくさんのことを学んでいるところだから、感触をつかむためにたくさんの周回を重ねることが大事だ。今何が足りないのかが、次第に明らかになってきている。今後数カ月に正しい方向に進むうえで、これからの数週間が重要になってくる。



2019年F1第3戦中国GP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のバトル
2019年F1第3戦中国GP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のバトル

 マックスとのバトルは楽しかったが、僕らの目標はメルセデス勢を追いかけることだった。でも今日の彼らは速すぎて、ついていくことができなかった。


(チームオーダーについて聞かれ)チームから、もっと速く走れるかと聞かれて、そう思うと答えた。僕の方がペースが速いと感じていた。でも、(ルクレールの前に出た直後は)リズムをなかなか見つけることができず、ロックアップし、アドバンテージを失った。今日の僕らにはメルセデスについていく速さはなかった。彼(ルクレール)が最後、マックスに追いつくことができなくて残念だった。




(autosport web)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号