F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ田辺TD「再び3台入賞、ファステストラップも記録。一方でPUにいろいろなことが起きた週末だった」:F1中国GP日曜

2019年4月14日

 2019年F1中国GP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位、ピエール・ガスリーは6位だった。ガスリーはレース終盤、ソフトタイヤに交換してプッシュ、狙いどおりファステストラップを記録してボーナスポイント1点を獲得している。


 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、オープニングラップでマクラーレンの2台と接触したことでドライブスルーペナルティおよびペナルティポイント2を科された。クビアトはダメージを負ったマシンで走り続けたが、最終的にチームは彼をリタイアさせることを決めた。アレクサンダー・アルボンはピットレーンからスタートして10位入賞を果たし、ドライバー・オブ・ザ・デーに選ばれた。

2019年F1第3戦中国GP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第3戦中国GP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 先日のバーレーンGPに続き、3台が入賞できました。フェルスタッペン選手のいい走りとチームのレース戦略がうまくかみ合い、ポディウムには届きませんでしたが、フェラーリ2台の間に割って入り、4位でフィニッシュすることができました。


 ガスリー選手もバーレーンに続いての入賞となりました。レース終盤にはファステストラップを獲得しましたし、明るい話題を提供してくれました。このところ結果が出ていませんでしたが、今後のレースに向け弾みがつくことを期待しています。


 レッドブル・トロロッソ・ホンダについては、昨日激しいクラッシュを喫したアルボン選手が10位で入賞を果たしました。ピットレーンスタートとなり最下位から追い上げる難しいレースでしたが、マシンのパフォーマンスを生かし、見事なオーバーテイクを見せてくれました。最後は激しいライバルの追い上げを凌ぎ、こちらもいい走りだったと感じています。また、限られた時間のなかで懸命にマシンを修復し、レースに間に合わせたチームの努力にも感謝しています。


 クビアト選手のマシンがオープニングラップのインシデントでダメージを負ったのは残念でした。その影響で彼はレースで力を発揮しきれませんでした。


 PUとしてもいろいろなことが起こった週末でした。この後、クビアト選手のPUに関する問題や、クラッシュのダメージなどの分析を早急に行い、次のレースの準備を進めます。開幕戦と第2戦に続き、トップチームと我々とのパフォーマンスの差が明らかに結果に表れたレースでもありましたし、その差を詰めるべく、チーム一丸となって開発を進めます。




(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報