F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン、2台揃って予選Q3に進出。「チーム全員のハードワークの成果。シーズン初入賞を狙う」とサインツ:F1バーレーンGP土曜

2019年3月31日

 2019年F1バーレーンGPの土曜予選で、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は7番手、ランド・ノリスは10番手だった。8番手のロマン・グロージャンが予選でノリスを妨害したとして3グリッド降格ペナルティを受けたため、暫定的にノリスには9番グリッドが与えられている。

2019年F1第2戦バーレーンGP マクラーレンを訪問、ピットウォールで見守るフェルナンド・アロンソ
2019年F1第2戦バーレーンGP マクラーレンを訪問、ピットウォールで見守るフェルナンド・アロンソ

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 予選=7番手
 良い予選だったよ。セッションの展開に満足だけど、最後に6番手を逃したのは残念だった。それでもマシンからすべてを引き出したと思うし、7番手はレースに向けて良いスタート位置だ。


 サーキットの現場に来ているスタッフ、ファクトリーで働いているスタッフなど、チームの全員を心から祝福したい。両方のマシンがQ3に進出できたのは、冬の間に行ってきた彼らの懸命な作業の成果だ。全員が誇りに思うべきだよ。


 でもまだ仕事は終わっていない。自分自身の今季初入賞を目指しているから、これからレースに気持ちを集中させていく。7番手からならチャンスは十分あると思うから、やってやるよ。


ランド・ノリス 予選=10番手
 全体的に見て(予選は)かなりうまくいった。いい走りができたと思うが、いくつかミスをしたので、オーストラリアの時ほどのいい仕事はできなかったと感じている。


 このコースの方がよく分かっているし、それほどテクニカルではない。それでも小さなミスを犯しやすいコースなんだ。ターン10の入口で少し回りきれなくて、ロックアップするほどではなかったけれど、わずかにタイムを失った。


 カルロスと並べたらよかったんだけどね。あと少しだった。彼との差はコンマ1秒ほどにすぎないから、それなりに満足だよ。


 10番手からのスタートだと、楽なレースにはならないだろう。このタイヤはそれほど悪いものだとは思っていないけれど、後ろのライバルたちはスタートタイヤについて、より多くの選択肢を持っている。どうなっていくかを見守るだけだね!




(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報