F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ田辺TD「復帰後初の表彰台で一歩踏み出せた。一方で、トップに立つにはまだパフォーマンス不足と実感」:F1オーストラリアGP日曜

2019年3月17日

 2019年F1オーストラリアGP決勝で、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載するアストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは3位表彰台を獲得、ピエール・ガスリーは11位だった。レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは10位入賞を果たし、アレクサンダー・アルボンは14位で完走している。


ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 2019年の初戦、アストンマーティン・レッドブル・レーシングとの初戦で表彰台に上ることができ、非常に良いスタートを切れました。ホンダとしては2008年以来、2015年のF1復帰以降では初の表彰台になりますが、素晴らしい走りを見せたフェルスタッペン選手と、それを見事な仕事で実現させたチームに感謝をしています。一方で、表彰台に上ったことは一歩を踏み出したと感じていますが、もっとパフォーマンスを上げないとまだトップには届かないことも実感しました。

2019年F1第1戦オーストラリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3位表彰台を獲得
2019年F1第1戦オーストラリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3位表彰台を獲得

 レッドブル・トロロッソ・ホンダについても、クビアト選手が復帰戦で力強い走りを見せ、10位入賞、ポイント獲得と、こちらも良い開幕戦になりました。マシンにポテンシャルがあることも確認できたと思います。

2019年F1第1戦オーストラリアGP ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)を抑え切って10位を獲得したダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第1戦オーストラリアGP ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)を抑え切って10位を獲得したダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

 両チームともに、ここからさらに開発を続け、パフォーマンスを上げていきたいと思います。まだシーズンのスタートを切ったばかりですし、ここが我々の目指す場所ではありませんが、ひとまず今日のような良いレースができたことはポジティブにとらえています。ここまで努力を続けてきたさくらやミルトン・キーンズのメンバーにも感謝の言葉を送りたいと思います。




(autosport web)




レース

8/14(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
8/15(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/16(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号