F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

伝統のフェラーリF1にとって、21歳のシャルル・ルクレール抜擢は例外的

2018年12月18日

 シャルル・ルクレールは2019年から、フェラーリのレースドライバーとして新たなキャリアを歩む。ほとんどF1で実績のない21歳のドライバーを抜擢することは、長いフェラーリの歴史においても、かなり例外的なことである。


 フェラーリはこれまで、キャリアを積んだ経験豊富なドライバーを採用することが普通だった。1970年代以降だけ見ても、ともに25歳でフェラーリデビューしたニキ・ラウダとフェリペ・マッサを別にすれば、他のドライバーは27歳以降にようやくフェラーリ入りを果たしている。以下に例を挙げよう。


 ジル・ビルヌーブ27歳(1974年)、ミケーレ・アルボレート28歳(1984年)、ゲルハルト・ベルガー28歳(1987年)、アラン・プロスト35歳(1990年)、ジャン・アレジ27歳(1991年)、ミハエル・シューマッハー27歳(1996年)、ルーベンス・バリチェロ28歳(2000年)、キミ・ライコネン27歳(2007年)、フェルナンド・アロンソ28歳(2010年)、セバスチャン・ベッテル27歳(2015年)。


 彼らそうそうたるドライバーたちの年齢を見ると、ルクレールが21歳でフェラーリに行くことがいかに異例であるかがよくわかる。1960年代まで遡っても、1968年にジャッキー・イクスが、その前年にクリス・エイモンがフェラーリに入ったが、それぞれ23歳と24歳であった。


 ただしフェラーリの歴史上、最年少デビューはリカルド・ロドリゲスであった。メキシコ人ドライバーのロドリゲスは、1961年のイタリアGPに19歳208日でフェラーリからF1デビューを果たしている。


 F1経験の少なさの点でも、ルクレールは群を抜いている。マクラーレンでわずか1戦だけF1を走ってからフェラーリに移籍した、ジル・ビルヌーブに次ぐものだ。


 とはいえ今のF1では、ドライバーの若年化は決して珍しいものではない。フェラーリに限らなければ、タイトルを争う力のあるトップチームで戦ったドライバーには、たとえば2007年にマクラーレンから22歳でF1デビューしたルイス・ハミルトンがいる。


 ベッテルがレッドブルに昇格したのはルクレールと同じ21歳だったし、マックス・フェルスタッペンは18歳でレッドブル入りしている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

11/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報