F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1王者メルセデス「レッドブル・ホンダは脅威だが、フェルスタッペンはまだハミルトンにかなわない」

2018年12月17日

 メルセデスのエンジニアリングディレクター、アルド・コスタは、2019年F1タイトル争いの最大のライバルとしてフェラーリを挙げた。レッドブル・レーシングも脅威であると認めるコスタだが、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに勝つには、もっと安定したパフォーマンスを発揮する必要があると語った。


 メルセデスは2018年、5年連続でドライバーズおよびコンストラクターズタイトルを獲得したが、今年はフェラーリが大きく差を縮めてきた。


 2018年は完璧なシーズンだったわけではないとコスタは認めている。
「シーズン後半、1戦1戦に効果的な開発を入れることができた」とコスタはGazzetta dello Sportに対して述べた。


「だが完璧なシーズンだったわけではなく、タイヤについてなかなか理解を進めることができなかった。その点ではレッドブルの方が我々より優れていた。信頼性も、良かったといえるが、著しく良かったわけではない」


 コスタは、2019年もフェラーリとタイトル争いをすることになると予想している。一方、パワーユニット(PU/エンジン)をルノーからホンダに変更するレッドブルにも注目している。


「フェラーリはもちろん、我々のライバルになるだろう。レッドブルは、新しいホンダエンジンについてポジティブな話をしているから、彼らも戦いに加わることになると思う」


 一方で、ドライバーの力を見た場合、フェルスタッペンにはまだハミルトンほどの強さはないと、コスタは見ている。


「彼(フェルスタッペン)は才能があるし、速さがある。だが一貫性の面で向上する必要がある」とコスタ。


「そしてそれこそがハミルトンが持つ大きな武器なのだ」

■「規則変更にうまく対応し、コンストラクターズ選手権の記録を目指す」とコスタ

 2019年には空力面等の規則変更が導入されるため、チームの序列が大きく変わる可能性があるとコスタは考えている。


「(ビッグスリー以外で)ルノー、ザウバー、ハースも忘れてはならない。新しい規則によってバランスが少し変わるかもしれない。有利になるチームと不利になるチームが出てくる」


 それでもメルセデスは2019年、また新たな記録に挑戦すると、コスタは言う。


「来年もタイトルを獲るためにベストを尽くす。ドライバーズタイトルの連続獲得記録ではフェラーリに追いついたが、コンストラクターズでもそのレベルに達する必要がある」


 メルセデスは、ドライバーズタイトルの連続獲得記録では、5連覇でフェラーリとタイのトップとなったが、コンストラクターズに関しては、1999年から2004年の6連覇でフェラーリが今も記録を保持している。


 コスタは、フェラーリやミナルディでキャリアを重ねた後、2011年にメルセデスに加入、エンジニアリングディレクターを務めたが、家族と過ごす時間を増やすため、2019年からテクニカルアドバイザーにポジションを変えることが決まっている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報