F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ・ホンダ離脱のハートレーに同情の声。「間違いなくパフォーマンスが向上していた」と元F1ドライバー

2018年12月13日

 元F1ドライバーで現在Sky SportsでF1解説者を務めるマーティン・ブランドルは、トロロッソ・ホンダを離脱したブレンドン・ハートレーに対して同情的な発言を行った。


 2017年アメリカGPでトロロッソに加入したハートレーは、2018年に残留し、フルシーズンを戦った。しかしチームは彼のパフォーマンスに不満を持ち、今シーズンいっぱいで契約を終了することを決めた。チームメイトのピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングに昇格する。


 ハートレー自身は、難しい状況を切り抜けて終盤には調子を上げており、「コンスタントにチームメイトよりいいパフォーマンスを発揮していた」として、自分の今シーズンの仕事に自信を示している。


 ブランドルも、ハートレーはシーズン終盤、いい走りをしていたと認めている。


「ブレンドンのことは気の毒に思う。何度か技術的理由での(パワーユニット交換による)グリッドペナルティを受けてスタートしなければならなかった」とブランドルは、Sky Sportsのコラムに記している。


「終盤はとてもいい走りをしていた。シーズン初めは精彩を欠いた部分もあったが、終盤になるに従って難しい状況を打開していき、速さとテクニックを発揮できるようになっていた」


 ハートレーの今後の具体的なプランは明かされていないが、ポルシェは2019年のモータースポーツ活動計画を発表するにあたり、ハートレーがワークスドライバーのひとりであることを明らかにしている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス26
2位ルイス・ハミルトン18
3位マックス・フェルスタッペン15
4位セバスチャン・ベッテル12
5位シャルル・ルクレール10
6位ケビン・マグヌッセン8
7位ニコ・ヒュルケンベルグ6
8位キミ・ライコネン4
9位ランス・ストロール2
10位ダニール・クビアト1

チームランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位メルセデス44
2位フェラーリ22
3位レッドブル・ホンダ15
4位ハース8
5位ルノー6
6位アルファロメオ4
7位レーシングポイント2
8位トロロッソ・ホンダ1
9位マクラーレン0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報