F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1王者メルセデス、2019年パワーユニット開発に「小さな挫折」

2018年12月8日

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、F1パワーユニットを2019年に向けてさらに向上させるのは簡単なことではなく、開発作業において最近問題に直面したと明かした。


 2018年、メルセデスは5年連続となるF1コンストラクターズ&ドライバーズタイトルを獲得した。当然のことながら、来季もダブルタイトルを狙っていくメルセデスだが、今年のフェラーリのパフォーマンスからも、楽な戦いにならないことは承知している。


「現在、開発のための戦いに臨み、とてつもない量の作業を行っている。ダウンフォースを向上させ、ドラッグを減らすといった作業に取り組むと同時に、エンジンの馬力を向上させることを目指している。エンジンは非常に重要なエリアだ」とウォルフはヒューレット・パッカード・エンタープライズのカンファレンスにおいて語った。


「我々は極めて野心的な目標を設定している。6週間前、目標を引き上げた。ライバルたちが仕事を好調に進めているといううわさを聞いたからだ。そのため、開幕戦に向けた最終目標とするラップタイム上の位置を、より高く設定した。まだそこに向かって努力している段階だ」


 パワーユニットの性能を上げようという取り組みのなかで、メルセデスは問題に直面したという。


「風洞作業は好調に進んでいたが、エンジンサイドで小さな挫折があった。新しいコンセプトはもう少しいい結果を出すと我々は考えていた」


「だが(エンジン担当の)スタッフたちは、他の部門同様に非常に野心的だ。私としては心配はしていない。一方で、実際どこまでやれたのかは、開幕戦メルボルンで最初の予選が行われるまでは分からない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報