F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1、テストドライバーとしてアロンソ起用に前向き「彼の知識は非常に価値がある」

2018年11月27日

 マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザック・ブラウンは、2019年シーズンのいずれかの時点で、テストドライバーとしてフェルナンド・アロンソを起用し、2019年マシンを走行させる可能性があると述べている。


 37歳のベテランであるアロンソは、最終戦アブダビGPで自身のF1におけるキャリアに幕を引いた。将来F1に復帰することはありえそうにないと認めてはいるものの、完全に可能性を否定しているわけではない。


 それはブラウンも同様で、マクラーレンは“彼なしでやっていくのは難しい”と考えているという。


「フェルナンドは非常に高い知性と、膨大な経験の持ち主だ。F1とレースを愛しており、世界耐久レースかF1に出ていないときはインディカーか、もしくは彼の所有するゴーカートのコースにいる」とブラウンはアブダビで語った。


「だから彼が来年もマクラーレンの周囲にいるところを目にするだろう。彼はファミリーの一員として留まる。彼の影響は我々のふたりのドライバーの助けになるだろう。彼はカルロス(・サインツJr.)と親交が深いし、ランド(・ノリス)のこともよく知っている。彼の存在はチームでの大きな利点となる」


「来年のマシンをどのようにするか理解するために、エンジニアとともにすべての作業を手助けしてくれるだろう。ドライバーからのフィードバックに、フェルナンドの情報があれば、それらの知識は我々にとって非常に価値のあるものになる」


 2度のF1世界チャンピオンであるアロンソが、チームのためにテストを行うことがあるのか尋ねられたブラウンは、その可能性を否定しなかった。


「そうだね、私はその可能性を除外しない」


「もし彼がマシンのテストをやりたいのなら、我々は彼からマシンのフィードバックを得ることに完全に前向きだ」


「そのことについては、もし彼が電話をしてくるようなことがあれば、検討するだろう」


 マクラーレンとアロンソの将来に何が待ち受けていようとも、互いに関係を保っていくとブラウンは主張した。


「フェルナンドと共にインディアナポリスに参戦するし、彼が我々のレーシングプログラムに参加することを望んでいる。我々は他のモータースポーツシリーズも検討しているからだ。世界的に有名な世界耐久選手権もそうだし、インディカーへのフルシーズン参戦もそうだ。彼はドライビングをやめたわけではないからね」


「だから我々は、長期的な関係を持って仕事をしているんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報