F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フォーミュラEに転向のバンドーン「F1復帰について考えず、新たなチャレンジに集中する」

2018年11月16日

 マクラーレンのストフェル・バンドーンは、2018年末でF1を離れ、フォーミュラEに転向する。この2年、F1で力を発揮できなかったことを残念がっているバンドーンだが、今シーズン終了後は新たな活動に集中し、F1復帰については当面は考えないと語った。


 バンドーンはマクラーレンの育成ドライバープログラムのメンバーとしてGP2に参戦し、2015年にタイトルを獲得。2016年にはスーパーフォーミュラにフル参戦しつつ、マクラーレンF1チームのリザーブドライバーを務め、第2戦バーレーンでは負傷したフェルナンド・アロンソの代役としてF1デビューを飾った。2017年にマクラーレンのレギュラードライバーに昇格したバンドーンだが、この2シーズン、競争力の乏しいマシンで力を発揮することができず、今季末でチームを離れることが決まった。

フォーミュラEのテストに参加したストフェル・バンドーン

 バンドーンはHWAレースラボと契約、フォーミュラE参戦へと活動の場を切り替えることになる。彼はマクラーレンにおいて最高のパフォーマンスを発揮できなかったことが残念だったと認めた。


「この2シーズンは間違いなくベストだったとは言えない」とバンドーンはブラジルGPの木曜のFIA公式記者会見で語った。


「ジュニアシリーズの時代にはマクラーレンと素晴らしい時間を過ごした。僕がF1に足を踏み入れるため、彼らは多くの支援をしてくれた」


「F1での2年は、経験の面では良いものだったが、もっと上位で戦いたかった」


「F1に昇格したタイミングはよかったし、良いチームに入り、良いサポートを受けたと思う。でもこの2年における僕たちの競争力は素晴らしいものではなかった。もっと上位で戦えたらよかったね」


 将来F1に戻ってくる可能性があるのかどうかについてバンドーンは「それを話すのは難しい」と語った。


「僕は新たな挑戦を始めるところだし、それをとても楽しみにしている。HWAからのフォーミュラE参戦をね。僕はそこで最高の仕事をすることに集中する」


「将来起こることについて、この時点で話すのは難しい。今年の夏のドライバー市場は少々混乱していて、誰も何が起きるか予想できなかった」


「この先もそのような状況が起きるかもしれないし、何が起きるかは誰にも分からない。でも今は僕はフォーミュラEに集中していて、そこで最高の仕事をするつもりだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報