F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グロージャンのイタリアGP失格は覆らず。控訴審でもハースF1のマシンは違法との結論

2018年11月2日

 F1イタリアGPでのロマン・グロージャン失格裁定について、ハースが控訴したが、これについてFIA国際控訴裁判所において審問が行われた結果、グロージャン失格の裁定を維持するとの判決が下された。


 イタリアGP決勝をグロージャンは6位で終えたが、その後、ルノーF1チームがハースVF-18のフロアに規定違反がある可能性を訴えた。FIAテクニカルデレゲートは、ハースが2018年F1技術規則第3条7.1d(「車両の真下から見た時に前部の各角上に半径50mm(+−2mm)の丸みがなければならない」との規定)にハースが違反しているとのルノーの主張について調べた結果、規則違反であるとの見解を示し、それを基にスチュワードはグロージャンの失格を決めた。


 これに不満を持ったハースが控訴。11月1日にFIA国際控訴裁判所において審問が行われ、翌2日、FIAは判決を発表した。


 これにより、裁判所は、イタリアGPのスチュワードの決定を維持し、グロージャン失格を認めるとの結論を出したことが明らかになった。


 詳細な理由等については、後日発表を行うということだ。



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報