F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

コンストラクターズタイトル獲得に向け「最後まで諦めない」とフェラーリF1代表

2018年10月30日

 フェラーリF1チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは、チームは団結して、コンストラクターズ選手権獲得を目指すと述べた。


 メキシコGPでは、予想通りルイス・ハミルトンが2018年のF1世界選手権を制した。直近の数戦で築いた十分なポイント差と、モンツァから鈴鹿まで4戦連続優勝を果たしたおかげだ。


 メルセデスに比べて優れていると大方がみなしていたマシンがあったにも関わらず、一連のベッテルの不運とチームのミスのせいで、2017年の展開と同様に、フェラーリのタイトル獲得の望みはシーズン後半に次第に潰えていった。


 ベッテルは、予想してはいたものの、タイトル争奪戦に敗れたことを認めるのは「恐ろしい瞬間」だったと語っているが、アリバベーネは今後もチームを引き締め、コンストラクターズ選手権と将来に向けて戦いを続けると主張している。


「我々は諦めない」とアリバベーネはSky Italiaに語った。


「コンストラクターズ選手権はまだ決まっていない。我々はより多くのコンストラクターズポイントを獲得しており、最後まで諦めることはない」


 ベッテルのシーズン後半の不調にも関わらず、アリバベーネは彼に対してチームが揺るぎないサポートを与えることを確約している。


「このような暗い時期には、彼の近くにいてやらなければいけない。彼をひとりにはしない」


「我々は強くあらねばならないし、彼のためにすべてを投げ出さなければならない。前進し、諦めないことだ」


「他の誰かが逆のことを言おうとも、我々は一体であることを証明してきた。だから前に進み続けようではないか」


 アリバベーネは、ライバルについては話したがらないが、タイトルを獲得したメルセデスとハミルトンを祝福した。


「他のチームについては話さない。我々は直近の2レースでは彼らを追い詰めていた。だから判断は君たちに任せよう」


「ハミルトンには祝意を伝えたい。だがこれからはコンストラクターズ選手権を戦おう。厳しい戦いになるが、我々は諦めない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報