F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TD、メキシコGPへの意気込み語る「標高が高いサーキットでPUへの負担が大きい。適切な調整を行っていいレースをしたい」

2018年10月24日

 2018年F1第19戦メキシコGPに向け、ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏が、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスはパワーユニット(PU)/エンジンにとって難しいサーキットであり、最適な調整を行って臨まなければならないと語った。


 メキシコシティは標高が高いため、空気が薄く、マシンもドライバーも大きな負担のなか、戦わなければならない。パワーユニットに関しても他とは異なる対応が必要であり、カレンダー中、最長クラスのロングストレートも備えたコースであるため、MGU-Hの働きも重要になる。


「最終的に2ポイントを獲得できたアメリカGPを終え、チームはそこから直接メキシコシティに入りました。今回レースが開催されるエルマノス・ロドリゲス・サーキットは、標高2200m超の環境により空気が薄くなるため、PU、シャシーともにエンジニアにとっては特殊な対応が必要なサーキットです」と田辺テクニカルディレクター。


「PUとしては空気密度が低いために、ターボの仕事量が増えることにより負担がかかります。そのためICEやMGU-Hに対しても通常とは異なる設定が必要です。また冷却も難しい環境になります。当然ベンチ上でこのような環境へのシミュレーションは行っていますが、現地を実際に走った上での調整が重要になってきます」


「私個人としては、1992年以来のメキシコでのレースになりますが、当時もファンが情熱的だったことをよく覚えています。今年もホンダ・メキシコから多くの同僚が応援に来てくれますので、彼らの声援に応える意味でもいいレースをしたいと思います」



(autosport web)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報