F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「マクラーレンF1は今がどん底。あとはよくなるばかり」とサインツJr.

2018年10月12日

 カルロス・サインツJr.は、マクラーレンF1チームは2018年にどん底まで落ち、あとはよくなるばかりであるとして、来年は復活に向かっていくと確信している。現在ルノーで走るサインツは、2019年、マクラーレンに移籍することが決まっている。


「彼らは課題に取り組んでいるところだ」とサインツJr.は今週Cadena Serラジオに語った。
「彼らは今年底を突いた。あとはよくなる一方だろう」


「ゼロからのスタートになる。問題を見つけ、それを解決しようとしている。だから僕としては(来年はよくなると)確信しているんだ」


 日本GPでもマクラーレンの2台はポイントを獲得することができなかった。しかしサインツは、現在のチームのパフォーマンスから来年の予想をすることはできないと示唆した。


「(フェルナンド・)アロンソが最後尾近い位置を走っているのを見るのは変な気分だ。でも、(今のF1では)グリッドの半分がかなり接戦で、0.3秒とか0.4秒の差が順位に大きく影響する」


「今年のマシンとチームの全体的なパフォーマンスに彼らは落胆している。彼らは来年はもっと高いところを目指す。今シーズンは学びのための一年だったのだと思う」


「来シーズンはレギュレーションの変更があるので、ゼロからスタートして必要なレベルに到達できるチャンスがある」


 今年、サインツはルノーワークスチームでレースをしており、マクラーレンと同じパワーユニットを使用している。

ルノーR.S.18とマクラーレンMCL33

「今の僕のマシンは悪くない。マクラーレンもそれほど悪くはないけれど、僕のマシンを含むライバルたちより0.1秒から0.3秒くらい遅い。ほんのわずかな差だが、グリッド上の位置が大きく違ってしまうために、実際より悪く見えるんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報