F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリーにレッドブルF1昇格の可能性。現状に不満はないとしつつも「早くチャンピオン争いがしたい」とも語る

2018年8月10日

 レッドブルF1を離脱するダニエル・リカルドの後任について、有識者たちはピエール・ガスリー昇格が最も可能性が高いと見ている。またガスリー本人も、そうした指示があった場合の準備はできているという。


 今季のガスリーは印象深い走りを見せており、トロロッソの獲得ポイントの大半は彼に寄るものだ。サマーブレイク直前のハンガリーGPでは6位でフィニッシュしている。


 22歳の彼が才能に恵まれていることに疑いの余地はないものの、同様に才能があり、より多くの経験を持つカルロス・サインツJr.とレッドブルでのシートを争わなければならない。


 レッドブル昇格の可能性について、ガスリーはスペインのMarcaに対して以下のように語っている。


「そうしたいとは思っているけれど、そのことばかり考えているわけではない。今季これまで、トロロッソで過ごしてきた自分のシーズンには満足している。ここにいることを嬉しく思っているんだ。現状では何も決まっていないと思うよ」


「カルロスにとっても状況は同じだ。僕らはふたりとも、何が起きるのかを待っている」


 昨今のレッドブルでは、トロロッソからレッドブルへ移籍したダニール・クビアトが、パフォーマンス低迷により大きな代償を払っている。しかし、ガスリーはクビアトに起きたようなことは回避できると確信している。


「そういったことにはならない。速ければチャンスを掴めるだろう。集中し、速く走ることが必要だ。それができていれば結果はついてくる」


「物事をどう見るかということにかかっているんだ。レッドブルと、そこにたどり着けなかったドライバーを見ればいい。それか(マックス・)フェルスタッペンや(セバスチャン・)ベッテル、(ダニエル・)リカルドのような、成功を収めたドライバーを見ればいい」


 もう1年トロロッソに残留することになったとしても、チームが現在のチームメイトであるブレンドン・ハートレーを起用し続けていれば、ガスリーは満足だろう。


「ブレンドンはかなり速くて、僕にとって楽な相手ではない。来シーズンのチームメイトが誰になろうが気にはしないよ。もしも最高の自分でいたいのなら、最高の自分と戦わなければならないのだから」


「今は僕にとってのF1初年度であり、僕は22歳だ。トロロッソが必要とするなら喜んで残る。けれども、できるだけ早くチャンピオン争いをしたいという気持ちも、もちろんあるんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

11/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報