F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

エクレストン、F1オーストリアGPでチームオーダーを発令しなかったフェラーリを称賛

2018年7月6日

 F1の元最高権威者バーニー・エクレストンは、特に政治的な面についてはフェラーリに反対する立場であることが多かったが、スポーツマンシップに関して言えばフェラーリは規範となったと考えている。


 前戦オーストリアGPの決勝終盤で、キミ・ライコネンはチームオーダーに従うことになるだろうと多くが予想していた。チームメイトのセバスチャン・ベッテルのチャンピオンシップでの獲得ポイントを増やすために、優勝したマックス・フェルスタッペンを追う2位のポジションを譲るよう指示されると思われたのだ。


 しかしながらチームオーダーが発動されることはなかった。2002年の同じレースで、当時フェラーリの代表を努めていたジャン・トッドがミハエル・シューマッハーを選手権で勝たせるために、不名誉にもルーベンス・バリチェロを追い抜かせたような、スポーツの公平性を損なうようなことは避けたのだ。


「誰もがフェラーリのスポーツマンシップの例に倣うべきだ。レース終了直前にベッテルに抜かせることは簡単だっただろうが、フェラーリはそうさせなかった。彼らはスポーツの公平性だけでなく、キミの士気も保ったのだ」とエクレストンはSport Bildに述べた。


 エクレストンは、フェラーリとベッテルが世界タイトルを賭けて強力な戦いをしていることを喜んでいるという。


「フェラーリは、私が長いこと望んでいたようなステップをようやく踏み出したのだ」と87歳のエクレストンは語った。


「セバスチャンは世界タイトルに実にふさわしい。フェラーリが3ポイントを諦めたことが、痛手にならないことを願っている」


 メルセデスF1トップのトト・ウォルフもエクレストンの考えに同調し、フェラーリのクリーンで公平な姿勢を称賛した。


「我々もチームオーダーを出すことはなかっただろうし、彼らがそうしなかったことに驚いてはいない」とウォルフは述べた。


「このスポーツとファン、そしてドライバーのことを考えると、7月初めというシーズンのこの段階でドライバーを入れ替えるということは、非常に残酷な判断だ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報