F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「ルクレールの来季フェラーリF1昇格は双方にとってリスキー」とビルヌーブが主張

2018年7月4日

 F1に関して常に忌憚のない意見を述べる元F1ドライバーのジャック・ビルヌーブが、ザウバーF1のシャルル・ルクレールが2019年にフェラーリ入りするのではないかとの噂について否定的な発言を行った。


 イタリアのLa Gazzetta dello Sportは、フェラーリは来年キミ・ライコネンの代わりにルクレールを起用することを決め、2019年からの2年契約で合意したと伝えている。しかしながらビルヌーブは、この決断は時期尚早であり、チームにとってはリスクの高い計画であると考えている。


 1997年のF1チャンピオンであるビルヌーブは、オーストリアで「彼(ルクレール)には早すぎると思う」とAuto Bildに語り、以下のように続けた。


「一方でフェラーリもまた、ベッテルに打ち負かされた場合は、彼をだめにしてしまうというリスクを負う。さらに言えば、フェラーリには経験のあるセカンドドライバーが必要だ。キミ・ライコネンはいまでも安定した走りをしている」


「来季、セバスチャンがひとりでマシン開発をしなければならないとしたら、不利になる。僕だったらルクレールには成長と学習のために、もう1年の時間を与えるね」     


 フェラーリは、確かな才能を持つルクレールとの契約を急ぐ必要はないともビルヌーブは言う。


「何にしても、彼は契約のもとでフェラーリのジュニアチームにいる。急いでAチーム(フェラーリ)に入れる理由が見当たらない。なぜなら彼がどれほど良いドライバーであるかを、僕らはまだ全然知らないからだ。比較対象が(マーカス・)エリクソンしかいないのだからね」  



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報