F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:勝負の分かれ目は混乱を切り抜けるクレバーさ

2018年5月2日

 スーパーフォーミュラの元チャンピオンにして、現在もスーパーGTで活躍中の松田次生選手(MOTUL AUTECH GT-R)がシーズン中のF1について語る連載企画。第4回はアゼルバイジャンGP編です。

------------------------------

 今回は気温が低すぎてタイヤのウォームアップが悪くなり、それがいろいろな出来事を生んだレースでした。その混乱のなかをクレバーに走り抜けたかどうかが分かれ目となりましたね。そこはチャンピオンになれるかどうかの資質も関わってくると思います。

 エステバン・オコンとキミ・ライコネン、マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドはどっちもどっちだと思いますね。ただそのなかでオコンはもう少しライコネンのためにラインを残しておくべきでした。フェルスタッペンは、ブレーキングでの2度の車線変更はいけませんし、強引すぎました。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

3/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス26
2位ルイス・ハミルトン18
3位マックス・フェルスタッペン15
4位セバスチャン・ベッテル12
5位シャルル・ルクレール10
6位ケビン・マグヌッセン8
7位ニコ・ヒュルケンベルグ6
8位キミ・ライコネン4
9位ランス・ストロール2
10位ダニール・クビアト1

チームランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位メルセデス44
2位フェラーリ22
3位レッドブル・ホンダ15
4位ハース8
5位ルノー6
6位アルファロメオ4
7位レーシングポイント2
8位トロロッソ・ホンダ1
9位マクラーレン0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報